1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. ニュース
  3. 新興国市場特化型のヘッジファンド、2桁の価値下落

ニュース

新興国市場特化型のヘッジファンド、2桁の価値下落

2013.06.26
巧みな運用で名高いブレヴァン・ハワード・アセット・マネジメントも、今年起きた新興国市場の波乱に無縁ではいられなかった。

 

運用資産残高400億ドルを誇る同社の主要な旗艦ファンドの年次パフォーマンスは設立以来、一度もマイナスとなっていなかったが、今年、同社のエマージング・マーケット・ストラテジー・ファンドは史上初のマイナス・パフォーマンスとなる可能性が高い。同ファンドは先週金曜日(21日)までに年初来マイナス11.6%の下落となっっている(うち4.8%の下落は6月上旬に発生)。

米国の量的緩和縮小の観測から新興国市場の株式は先週までに11ヶ月来安値を付けている。

同ファンドの運用責任者のサンドストローム氏は業界では珍しい女性のマネージャーだったが、パフォーマンスの悪さを原因に解任された。ブレヴァン社は厳格なリスク管理と一定のパフォーマンスに達しないマネージャーに対する厳格な処遇で有名である。サンドストローム氏の運用する新興国ファンドは2007年の創設以来、年率5%を超える平均リターンを上げており、去年のリターンは14.1%だった。

ソース:FIN alternatives(2013年6月20日付)

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2012.09.17
ヘッジファンドとはあらゆる市場環境でプラスリターンを目指すファンド。下げ相場でも「絶対リターン」を追求します。伝統的市場での資産運用不調で、個人投資家も機関投資家もヘッジファンドへの関心を高めています。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ