1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. 識者の見方
  3. 新興国投資の第一人者M・モビアス氏に聞く
  4. 第2回モビアス氏が予想する富裕層の動向

新興国投資の第一人者M・モビアス氏に聞く

第2回モビアス氏が予想する富裕層の動向

2012.09.02

米国経済の弱体化で世界経済の覇権は?

 世界経済の主役ながらも、その力は相対的に落ちているように見える米国経済。一方、中国など台頭してきている新興国。はたして2010年は覇権を巡って大きなパラダイムシフトが起きるのかどうか。

◆以下モビアス氏の話
オバマ大統領は必ずや再選したいと思っているので、米国はこれからも国債を発行し続けるでしょうけど、そろそろ債権国は債権を破棄したいと思っているでしょう。無理やり買わされて嫌がっている中国はもう2兆ドル、日本は8000億ドルもそれぞれ米国債を保有しています。ロシアや台湾も随分、持っていますね。

 もしかしたら、グローバルパワーのパラダイムシフトが起きるかもしれません。少し中国の動きに注目したいと思います。今、中国は資金を米国ではなく、資源国にシフトさせていますが、そういう時代が来るのではないかと思います。中国はアフリカや南米の鉱山会社を買収したりしていますが、どんどん影響力が大きくなっているのが現状です。中国は覇権を握りたいと思っていますからね。

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ