1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. 識者の見方
  3. 新興国投資の第一人者M・モビアス氏に聞く
  4. 第2回モビアス氏が予想する富裕層の動向

新興国投資の第一人者M・モビアス氏に聞く

第2回モビアス氏が予想する富裕層の動向

2012.09.02

中国は世界経済の覇権を握るか

 独自の外交戦略で、すでに資源国に深く入り込み発言力を増している中国。このまま、世界経済の覇権を握るのかどうか。

◆以下モビアス氏の話
 資源国にとって、中国は人権云々はあまり言わないし、お金を出してくれるので、ありがたい存在です。グローバルパワーを持つようになるのもうなずけます。米国のように、民主主義や選挙を押し付けたりするようなことも言いませんからね。

 そしておもしろいのが、世界は今まで、民主主義を維持しなければ資本主義経済が発展しないと考えてきましたが、中国はそうではありません。ご存知の通り、共産党の一党独裁であり覇権主義ながらも市場経済は機能し発展し続けています。米国の主張とは相反するものですが、中国のような政策で「一党独裁と経済発展が本当に両立できるんだ」と世界から注目を集めています。やはり、何らかのパラダイムシフトが起きるのかもしれません。(終わり)
(初出:ゆかしメディア

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ