1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. マスコミの見方
  3. ロイター
  4. 中国当局が経済減速を容認する理由

ロイター

中国当局が経済減速を容認する理由

2013.07.17
中国経済が本格的に減速し始めた。今年の経済成長目標は7.5%に引き下げられた。これは1990年以降で最低の伸び率だ。中国では8%以下の成長率では、失業者と社会不安が増加するリスクが高まると言われている。

 

減速の要因の一つが輸出需要の低迷。海外の需要低迷に加えて、人民元高も影響している。第二が労働人口の増加減と投資効率の低下。最後に中国当局が減速を容認していることが挙げられる。これには当局のシャドーバンキングを取り締まろうという取り組みが影響している可能性がある。

中国は前回の景気刺激策によって、強制的な巨額融資は無駄や無謀さにつながることを学んだ。深刻な環境汚染や汚職を生む体質の改善も必要だ。低公害型の生産技術や本物のイノベーションなども求められている。より緩やかな経済成長は、長い目で見れば中国をより幸福で健康な場所にする投資を増やすかもしれない。

ソース: ロイター(2013年7月16日付)

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ