1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. ニュース
  3. 米ヘッジファンド、大挙して投信ビジネスに参入

ニュース

米ヘッジファンド、大挙して投信ビジネスに参入

2013.08.20
AQRキャピタル・マネジメント、ハイブリッジ、ラミウスといった米国のヘッジファンドは、投資家の裾野の拡大を狙い、すでに1940年米投資会社法に準拠した投資信託を立ち上げている。また、ピムコのような伝統的な投資信託運用会社は逆に、いわゆる「流動性に優れたオルタナティブ商品」の分野に参入を済ませている。

 

ヘッジファンドに関連した情報の調査会社であるインフォベスト21の調査によれば、今や米国のヘッジファンドの23%は投資会社法に準拠したファンドを運用しており、6%が立ち上げのための準備中で、24%はこうしたファンドの設定を検討しているという。

さらに25%のヘッジファンド運用会社がCQS、ランズドーン・パートナーズ、サーベラスなどのように、投資信託のサブアドバイザー業務を行っているか、今後行うことを検討している。投信業務への関与に関心を持たないヘッジファンド運用会社はわずか8%だけだった。

ソース:フィナンシャル・タイムズ(2013年8月4日付)

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2015.01.07
ホットマン(東証ジャスダック:3190)の成長と拡大の可能性、将来性を伊藤代表に伺いました。メガフランチャイジーという前例のない業態。真似できそうでできない鍵は豊富な人材にありました。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ