1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. ニュース
  3. プライベートエクイティ大手、ブラックベリーに食指

ニュース

プライベートエクイティ大手、ブラックベリーに食指

2013.10.10
ブラックベリー社の筆頭株主による同社買収の意向発表を受けて、プライベート・エクイティ大手のサーベラスはブラックベリー社の買収を検討中である。

 

ウォール・ストリート・ジャーナル紙によれば、サーベラスは財務内容の精査を目的とした守秘義務契約の締結をブラックベリー社に打診した。サーベラス以外のディストレス投資に特化したファンドもブラックベリー社への投資を検討している模様。

経営不振に陥っているブラックベリー社は先月、同社の発行済株式の10%を保有するカナダの保険会社のフェアファックス・フィナンシャル・ホールディングスに47億ドルで身売りすることに合意した。このディールを実現するための資金調達スキームのアレンジはまだ行われておらず、フェアファックス社側は違約金を支払わずにディールを取り消すことが出来る。一方、ブラックベリー社が11月4日以前にサーベラスなどの第三者による買収合意に至れば、フェアファックス社に対して1億5,700万ドルの支払い義務が生じる。

ブラックベリー社が見売り先を探してプライベート・エクイティ数社に接触した際、サーベラスはその中に含まれていなかったことから、サーベラスがどこまで本気かは不明である。市場のアナリストはフェアファックス社による買収価格の1株当たり9ドルは高過ぎると評価している。ブラックベリー社は市場シェアの下落により、9月末に10億ドルの四半期純損失の計上を発表している。

ソース: FIN alternatives (2013年10月3日付)

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ