1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. ニュース
  3. 米財政危機は株式市場に好都合???

ニュース

米財政危機は株式市場に好都合???

2013.10.22
米議会で繰り広げられた混乱は、世界の金融市場を振り回した。米国のデフォルトという最悪の事態を想起させるこの出来事は、来年以降も金融市場の波乱要因となる可能性がある。

 

一方、この事態は株式市場にとって非常に居心地のよい状態を作りだしたとの見方もある。エコノミストらの試算によれば、連邦政府の一部機関閉鎖などの影響により、10~12月のGDPは、0.5ポイント程度押し下げられそうだ。インフレは低水準を維持しており、FRBにとっては量的緩和を継続しやすい環境が整ったわけだ。

適度な経済成長と低インフレ、量的緩和の継続は、株式市場にとってはまたとない環境。それが証拠に、米議会の混乱を横目に、株式市場は堅調を維持している。企業収益も順調に伸びており、現在は株式市場にとって最高の環境だとの声も聞かれる。

ソース: ウォール・ストリート・ジャーナル(2013年10月21日付)

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ