1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. ニュース
  3. 「盗聴大国」アメリカが広げる大きな波紋

ニュース

「盗聴大国」アメリカが広げる大きな波紋

2013.10.25
アメリカが平和利用するためなら、どんな行為でも許されるのか? アメリカがドイツのメルケル首相の携帯電話を盗聴していた問題が波紋を広げている。

 

EU首脳会議では、欧州各国の首脳がアメリカに対する怒りをあらわにした。アメリカの監視活動の一環とはいえ、一国の首相のプライベート侵害にまで関わる問題は、アメリカと欧州の関係に重大なダメージを与えかねない。

この問題が広げる波紋は大きく、環大西洋貿易投資連携協定(TTIP)の協議継続にも暗雲が漂い始めた。アメリカは欧州各国間の協議をこっそり盗み聞きしていたわけで、「これではまともな協議ができない」という主張ももっともだ。米国のインターネット大手企業が欧州でビジネスをしにくくなるという経済的な影響も出てきそうだ。

ソース: ウォール・ストリート・ジャーナル(2013年10月24日付)

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2014.12.03
日本社宅サービス(マザーズ:8945)の今後の成長の可能性を笹社長にうかがいました。同社はグループ4社の中核をなし、そのサービス内容は実に多岐にわたります。同社の収益源は意外なところにありました。今後も着実な成長が期待される、投資家にとっても魅力的な有望企業です。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ