1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. ニュース
  3. ジャブジャブ出る北米のシェールオイルにOPECが危機感

ニュース

ジャブジャブ出る北米のシェールオイルにOPECが危機感

2013.11.08
米国発のシェール革命に対して、これまで石油輸出国機構(OPEC)はこれまで静観の構えを崩さなかったが、ここへきて焦りの色を隠せなくなったようだ。

 

シェールオイルの抽出技術は年々進化している。これまでシェールオイル産出の影響など微々たるものと静観していたOPECだが、ここへ来て、OPEC産石油への需要が急減する可能性を認めざるを得なくなった。OPECは7日、年次の世界石油見通しでこの懸念を表明した。OPECの予想によれば、北米のシェールオイル生産量は2018年までに、日量490万バレルにまで増加する。これは昨年の予想の3倍だ。

当然、OPEC産原油の需要への影響は免れず、OPECは見通しの中で、需要が日量100万バレル減少する可能性を認めた。これは、これまで世界の原油市場をほぼ一人占めしてきたOPECにとって死活問題だ。水圧破砕法の登場など、シェールオイル産出技術の進化はとどまるところを知らず、今後は複雑な岩層でも採掘が可能になる。実際、すでにアルジェリア、ナイジェリアなどの米国への原油輸出量は急減。シェールオイルのアジアへの輸出が始まれば、OPECはさらに窮地に追い込まれる。

ソース: ウォール・ストリート・ジャーナル(2013年11月7日付)

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ