1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. ニュース
  3. ガイトナー前財務長官、未公開株投資会社で大儲けを狙う?

ニュース

ガイトナー前財務長官、未公開株投資会社で大儲けを狙う?

2013.11.18
米前財務長官のティモシー・ガイトナー氏(52)が、投資会社ウォーバーグ・ピンカスの社長に就任することが明らかとなった。

 

元政府高官が未公開株投資会社に転じるのは珍しいことではない。ただし、ガイトナー氏のような公職経験者は形式的なトップや顧問などに就任するケースが多いが、同氏は社長兼マネージング・ディレクターとして実際に現場で指揮をとる。経営トップとして、やる気満々な元政府高官というのは珍しい。

ウォーバング・ピンカスはニューヨークに拠点を置き、過去にはボシュロム、ニーマン・マーカス・グループやアラマークなどの著名企業を買収したことで知られる。ガイトナー氏の財務長官時代の、金融危機への対応は市場の評価が高い。しかし、同氏は金融機関が高いリスクをとることを規制する金融規制改革法(ドット・フランク法)の成立にも尽力した。今度は、自身が未公開株への投資という高いリスクをとる会社の指揮官に就任するのは、皮肉といえば皮肉だ。

ソース: ウォール・ストリート・ジャーナル(2013年11月16日付)

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ