1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. ニュース
  3. UBSの情報漏えい対策「トレーダーは勝手にチャットを使ってはいけません」

ニュース

UBSの情報漏えい対策「トレーダーは勝手にチャットを使ってはいけません」

2013.11.28
先般、ロンドンでトレーダーが個人投資家に取引情報を漏らすという事件が発覚したが、UBSはトレーダーにチャットの使用を禁止するという強硬手段に動いた。

 

スイスの大手銀行UBSは、トレーダーのチャット利用を制限し、単なる交流目的でチャットルームを使用することを禁止した。今後はすべてのチャット機能について、マネジングディレクターがチャットの利用を監視する。また、チャットルームに常駐する管理者が、そこでの参加者決定、内容、行動について責任を負う。

規制当局は為替相場での外部への情報漏えいについて監視の目を強めており、UBSはかねてより、為替相場の不正操作疑惑をめぐる調査で当局に協力する姿勢を示していた。当局は特にチャットルームでのやり取りに目を光らせている。今後は多くの投資銀行がこの動きに追随し、チャット機能の利用制限に乗り出す可能性が高い。

ソース: ウォール・ストリート・ジャーナル(2013年11月27日付)

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ