1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. マスコミの見方
  3. 日本経済新聞
  4. 50代の積立投資、給与収入を生かす「最後の10年」

日本経済新聞

50代の積立投資、給与収入を生かす「最後の10年」

2012.05.09
老後に必要な自己資金は約3000万円と言われるが、50代の場合その額を貯めることは難しい。退職後は資産を取り崩していくことになるが、ここで運用を止めれば資産は急速に減っていく。そこでフィデリティ投信の野尻氏は、60~75歳までは資産を取り崩しながら運用を続け、資産減の速度を落とすことを提唱している。

ソース:日本経済新聞(2012年5月9日付)

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ