1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. ニュース
  3. 中国市場で海外自動車メーカーが乱戦模様

ニュース

中国市場で海外自動車メーカーが乱戦模様

2013.12.11
中国国内で海外の自動車メーカーが激しい市場の奪い合いを演じている。

 

中国国内では米フォード・モーター、独フォルクス・ワーゲン(VW)と韓国現代自動車が、激しい市場シェア争いを演じている。各社ともに中国人好みのスポーツ用多目的車(SUV)を投じて、シェアの拡大に躍起だ。一方、米ゼネラル・モーターズ(GM)、トヨタ自動車、日産自動車は次第に存在感が薄れつつある。中国国内では特に、フォードの「クーガ」、VWの「ティグアン」の売れ行きが快調だ。

中国は依然として巨大な自動車市場だ。中国の乗用車販売台数は、今年1~11月に前年同期比で15%増加した。不振の海外各社は巻き返し策を練る。中国GMは今後5年間で新型、あるいはモデルチェンジを計9車種投入する予定で、2016年までは毎年、新型のキャデラックを販売する。中国の自動車市場では現在、524車種が販売されているが、メーカー各社は来年さらに238車種の新型、アップグレード車を発売する計画。自動車大国の米国でさえ、販売されているのは294車種。中国は世界でもまれに見る、自動車販売の激戦区となっている。

ソース: ウォール・ストリート・ジャーナル(2013年12月10日付)

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ