1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. ニュース
  3. 仮想通貨ビットコインが一時38%も暴落-中国の規制を懸念

ニュース

仮想通貨ビットコインが一時38%も暴落-中国の規制を懸念

2013.12.19
仮想通貨ビットコインの相場が18日、一時38%も下落した。中国当局がビットコインの取引を制限するとの懸念が広がったためだ。

 

これでビットコイン相場は、2週間前につけた過去最高値から約50%もの急落となった。もともとビットコイン相場上昇の背景には、中国での強い需要があった。まだ相場の黎明期だけに値動きは荒く、ビットコイン相場は今秋だけで10倍以上も高騰していた。しかし、中国人民銀行が国内金融機関によるビットコイン関連企業との取引を禁じたことで相場は反落。さらに、中国当局がビットコインの購入と利用を取り締まるとの思惑が広がったことで、この日の急落につながった。

この暴落を回避するために、世界最大のビットコイン取引所であるBTC中国は、人民元によるビットコインの入出金を停止した。この措置は人民元建ての出金を阻止するため。ただし、人民元建ての入出金禁止は、ビットコインの最大の資金源である中国市場が失われることを意味し、BTC中国はなんらかの代替方法を提示する必要がある。中国は厳格な資本管理体制をしいているが、中国国民が人民元建てでビットコインを購入し、海外でこれを売れば簡単に外貨が手に入ってしまう。中国当局は、このような形でなし崩し的に資本管理体制が崩れるのを警戒したようだ。

ソース: ウォール・ストリート・ジャーナル(2013年12月18日付)

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2012.11.12
日本では個人金融資産の6割超が預貯金に滞留しているが、わずかにでも投資をしている人は日本株か国債がほとんど。外国株や外国債券に投資する投資信託等の普及はまだまだというのが現実だ。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ