1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. マスコミの見方
  3. その他
  4. モデルチェンジの時機

その他

モデルチェンジの時機

2012.04.23
投信業界には閉塞感が漂っている。運用会社と販売会社が連携し、高齢者に売りやすく手数料を稼ぎやすい商品を生んできた結果、高齢者層依存が強まった。現役世代を取り込むには、積立投資の推進も一案。投信業界は現役世代の開拓という明確な課題を有している。

ソース:ファンド通信 (2012年4月23日付)

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ