1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. マスコミの見方
  3. ブルームバーグ
  4. 2014年は円と豪ドルを売れば儲かる

ブルームバーグ

2014年は円と豪ドルを売れば儲かる

2014.01.08
オーストラリアの投資銀行マッコーリー・グループは、「今年は円と豪ドルを売れば儲かる」と予想している。

 

同行は昨年10~12月期に円が5%以上、豪ドルが8%程度下落すると予想し、見事に的中させた。予想の理由は、オーストラリア準備銀行(中央銀行)と日本銀行が、いずれも一段と金融緩和を進めるとみているためだ。さらに、オーストラリア中銀は豪ドル高に依然として不快感を示しており、豪ドル売り介入に踏み切る姿勢もちらつかせている。

同行は今年も日銀は一段の利下げを余儀なくされると予想。豪ドルはこれだけ下落したにもかかわらずまだ割高で、輸出競争力を阻害しているため、一段の利下げの可能性があると指摘している。豪ドルは昨年に14%下げたが、同行はさらに豪ドル安が進むと予想。1豪ドル=0.87米ドル程度まで下落するとの市場関係者の予想が多い中、1豪ドル=0.82米ドルまで下落すると予想している。

ソース: ブルームバーグ(2014年1月7日付)

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ