1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. ニュース
  3. サントリーのビーム買収で他のバーボン株に脚光

ニュース

サントリーのビーム買収で他のバーボン株に脚光

2014.01.14
サントリーのビーム買収という大型案件の報道を受けて、他のバーボン会社の銘柄価値がにわかに泡立ち始めた。

 

サントリーホールディングスは、米ウイスキー大手ビームを総額約160億ドルで買収すると発表した。ビームは「ジムビーム」や「メーカーズマーク」など、世界的にも著名なウイスキーを製造・販売している。買収価格は1株当たり83.50ドルで、これは10日のビームの終値を25%も上回る。サントリーはこの巨額買収を、基本的に現金で行う。

米国産のウイスキー販売は、蒸留酒の中でも特に堅調に推移している。最近は特に高級品が好まれる傾向が強い。人は歳をとるにつれて味覚が複雑さを増し、深い風味を好む傾向があることが、ウイスキー販売好調の背景にあるようだ。業界の成長はしばらく持続するとみられている。そこで投資家が目を光らせ始めたのが、他の米国のバーボン企業株だ。高級ウイスキーメーカーはそんなに数が多いわけではない。「ジャックダニエル」を製造するブラウンフォーマンなどに注目が集まることは間違いないだろう。

ソース: ウォール・ストリート・ジャーナル(2014年1月13日付)

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ