1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. マスコミの見方
  3. 日本経済新聞
  4. ミセスワタナベは円安見通し崩さず

日本経済新聞

ミセスワタナベは円安見通し崩さず

2014.01.15
ミセスワタナベの名で海外でも知られる日本のFX個人投資家は、米雇用統計後の円高相場でドルを買い下がっているようだ。

 

先週金曜日の米雇用統計発表後にドル円相場は円高方向に振れ、一時1ドル=102円85銭となったが、この局面は日本のFX投資家にとって絶好のドルの買い場となったようだ。日本の個人投資家が今後も円安ドル高が続くとみているためだ。一般に個人投資家は、このような相場の流れに逆らう「逆張り」戦略を好む傾向にある。

円高に振れた局面でドルの持ち高を作れるように、1ドル=102~103円でドル買いの指値注文をしていた投資家も多いという。雇用指数には短期的なブレはあるが、いずれにしろ米国は金融緩和を縮小し、日本はさらに緩和を拡大する方向性に違いはない。今後も短期的に相場が円高に振れるたびに日本の個人投資家はドル買いに出る公算が高く、ドル円相場の底堅さを支えそうだ。

ソース: 日本経済新聞(2014年1月14日付)

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2012.09.17
世界にはたくさんの一流ヘッジファンドがあります。中でも上位のファンドの運用者の報酬は目が飛び出るばかり。ファンドのリターンが高い証拠であり、有名ヘッジファンドに投資する個人投資家も着実に増えています。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ