1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. マスコミの見方
  3. ウォール・ストリート・ジャーナル
  4. ギリシャの復調は欧州への海外投資に朗報

ウォール・ストリート・ジャーナル

ギリシャの復調は欧州への海外投資に朗報

2014.02.20
南欧経済の不振はユーロ不安を招き、長いあいだ海外投資の障害となってきたが、ここへきて風向きが変わり始めたようだ。

 

ギリシャが2013年に統計史上初の経常黒字を記録した。黒字額はわずか12億ユーロだが、12年の46億ユーロの赤字、11年の206億ユーロの赤字と比べれば大幅な改善だ。6年間の景気後退を背景に輸入が減少する一方、観光業の好調を追い風に輸出が増えた結果だ。海外投資家から見れば、ギリシャの観光資源は依然として魅力的。観光業は今年も、ギリシャ経済を下支えすると予想される。

ギリシャ経済が2008年にリセッションに入ってからGDPは25%減少した。ただし、この結果、経常収支が改善し始めたことは、ギリシャへの海外投資に追い風になるとみられる。2010年の金融支援以降、ギリシャは社会保障、労働市場改革を着実に進めてきた。中央政府が財政健全化を目指して大幅な歳出削減を断行した結果、経常黒字は14年も続く可能性が高い。ギリシャ経済の回復を受けて、ユーロ圏は今年、海外投資先候補として魅力を増しそうだ。

ソース: ウォール・ストリート・ジャーナル(2014年2月20日付)

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ