1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. ニュース
  3. 投資初心者が知っておきたい株式投資とは?

ニュース

投資初心者が知っておきたい株式投資とは?

2014.03.07
初めて投資を行う方にとって、投資への一歩を歩むことは気苦労が絶えないことだと思います。そこで、今回は投資の代表格と言われる株式投資について紹介します。内容を理解して是非、株式投資への第一歩を歩み出していただけたらと思います。まずは、株式の役割から理解していきたいと思います。

<株式の役割>

株式は、企業が資金調達のために発行する有価証券です。企業にとっては、株式で集めた資金については将来的に返済の義務が無いため、非常に大きなメリットとなります。 投資家にとってのメリットは、企業への出資分に対して配当金や値上がり益を得られることです。ただし、デメリットとしては企業が倒産してしまえば無価値になってしまったり、業績悪化等、企業にとっての悪材料が重なったりすれば株価が暴落して元本毀損してしまう可能性があることを理解しておかなければなりません。

<株式の特徴>

株式には様々な特徴がありますが、物価上昇時に強い特性があることについてお伝えします。日本では近年物価上昇を感じることはほとんどないと思いますし、株価が下落の一途をたどってきた経緯がありますが、世界の多くの国や地域では物価上昇と共に株価が上昇傾向にありました。理由として考えられることは、世界全体で毎年人口が増え続けることによって、需要の強さが経済を支えてきたためと推測されます。 例えば、国連データによると世界の人口は、1987年の50億人から2011年には70億人に達したと発表されています。24年間で世界の人口は何と40%増えた計算になります。 ここからイメージできると思いますが、毎年消費される食糧や資源等は、年々増える需要の伸びに供給が追いついていないため物価上昇が引き起こされている主因であると考えられます。その結果として、需要に応えて供給している企業の利益は大きくなりやすい傾向にあり、株価としても上昇傾向になりやすいと考えられます。

例えば、MSCIワールドインデックスという株価指数があります。こちらは、先進国の大型企業の株を集めて作った平均的な株価となっており、米国株式が投資対象の約6割程の配分を占めています。同指数は、1987年~2011年の間に価格が約2.5倍となっており、同期間の米国の物価上昇は約2倍になりました。

人口が増えて物価が上昇していく際、世界的な生産能力が高まっていくのであれば株価も同様に上昇していく可能性が高いと思います。
MSCIワールドインデックスと米国物価上昇率推移
MSCIワールドインデックスと米国物価上昇率推移(MSCI・IMFより筆者作成)

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2013.05.31
米ヘッジファンドのサードポイントが、ソニーにエンターテインメント部門の分離と上場という大胆な提案をしたことが話題となっている。私はこの動きは、今後、日本企業が物言う株主と対話していく上で試金石となる重大な事例だと考えている。さらに、日本の企業や産業、社会の構造改革を進めるための第一歩になるかもしれない。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ