1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. ニュース
  3. 初心者でもできる?「マンション投資」とは

ニュース

初心者でもできる資産運用?「マンション投資」とは

2014.02.27
みなさんは今、何か資産の運用を行っていますか?

2013年に1年間で50%以上上昇した日本株を筆頭とし、株式相場が世界中で好調だったことを背景に、資産運用を検討する人が増えてきています。株式だけではなく、「不動産投資」もメディアに多数取り上げられるなど、注目を集めています。特に「マンション投資」はリスクが低く、運用の経験がない初心者でも行いやすいと頻繁に紹介されています。

某検索サイトで「マンション投資」と検索してみると166万件のヒットがあり、「株式投資」のヒット数180万件と比較しても、資産運用におけるマンション投資への関心の高さがうかがえます。

「マンション投資」とはマンションを購入し、自分が住むのではなく、その投資マンションで賃貸収入を得ていくことを言います。ワンルームマンションであればローンを組むことで、比較的少額の自己資金で投資できることから、最近ではサラリーマンや公務員などでも資産運用として始めている人が増加の傾向にあるようです。

そこでマンション投資におけるメリット・デメリットについてご紹介していきたいと思います。
image-photo1

1.マンション投資のメリット

投資におけるマンション投資の優位性

1)裁量の広い投資ができる

資産運用の代表例としては「株式投資」があげられます。株式投資においては、投資している株式会社の運営をコントロールするのは困難なので、投資の手法は株を保有し続けるか、売却するかに限られています。不動産投資においてはリフォームを通して、投資効率を自らの手で改善することができます。裁量の広い投資を行うことができるのです。

2)運営管理を委託すれば自分で管理する手間が省ける

投資用のマンションを購入しても、運営管理を行うための知識や時間がないことが懸念されると思われます。ただ、不動産管理会社を利用することで入居者の対応や物件の維持管理等の手続きを委託することができます。しっかりした業者選びをすることができれば、管理に手間がかからなくなります。

日々の家賃収入でローンを返済でき、さらに資産形成もできる

ワンルームマンションを、ローンを組んで購入する場合には、入居者から入ってくる月々の家賃収入を返済に充てることができます。ローンの返済額を家賃収入以下に抑えることもできますので、少ない自己資金で不動産を所有できることになります。将来、このマンションを売却してお金に出来ますし、自分で住むこともできます。また、そのまま貸し続けることで、老後には年金の代わりにもできます。

インフレに備えられる!?

足元ではアベノミクスの経済政策の中で、2%の物価上昇を目的としています。モノの価格が上昇している状況下で、現金や、低金利の預貯金で保有している場合には、実質的に通貨の価値が低くなり、資産が目減りしてしまいます。一方で不動産はインフレ時には物価の上昇に伴って地価の高騰や家賃も上昇することが多いので、インフレ対策として有効です。

生命保険の代わりになる!?

多くの金融機関では住宅ローンを組む時に団体信用生命保険(略して団信)への加入が義務付けられています。団体信用生命保険とは万が一、ローンの債務者が亡くなってしまい、ローンの支払いをできなくなった際に、代わりに住宅ローンを支払ってもらえる保険のことです。ご家族はローンの負担がなくなり、マンションが資産として残りますので、生命保険のように資産を残すことができます。

2.マンション投資のデメリット

image-photo2

入念な調査が必要で、流動性が低い

少子高齢化によって人口が減少傾向にあるので、買い手の絶対数が少なくなっていることから、限られた立地の物件しか希望する金額で売却できる可能性が低くなること、もしくはまったく売れないなんて事も予想されます。また、現金が必要になっても、買い手が必要になるため、すぐに現金化することができないことも注意しておかなければなりません(=流動性リスク)。

空室リスク、災害リスク

入居者が少なくなってしまうと、ローンで購入する場合には、ローンに充てる賃料が得られなくなるうえに、維持管理費用や管理会社への委託費用などが嵩んで、余分な負担になってしまう恐れがあります。加えて、地震等の災害によってマンションが倒壊・消失してしまう危険性もゼロではありません。

メリットの反面…

インフレに備えられるメリットを紹介しましたが、金利上昇には注意が必要です。インフレには通常、物価の上昇に伴って金利も上昇します。金利が上昇すると変動金利の場合、毎月のローンの支払いの金額が増えてしまいます。

いかがでしたでしょうか。マンション投資はリスクが少ないと言われていますが、資産運用ですので当然リスクが伴い、こういったメリット・デメリットがあります。しっかり把握したうえでマンション投資を検討してみてはいかがでしょうか。

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2016.12.09
投資の手法として最近よく名前を聞くようになった「ヘッジファンド」 よくわからないもの、投機、実体のつかめないもの、ハイリスク・ハイリターンで儲けは大きいが損もでかいと言われていることが多い。 ヘッジファンドとは何なのか、なぜあまり知られていないのかも含めて、どのようなものかを解説する。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ