1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. マスコミの見方
  3. ウォール・ストリート・ジャーナル
  4. 海外投資の新潮流「ビットコインは誰が規制するのか?」

ウォール・ストリート・ジャーナル

海外投資の新潮流「ビットコインは誰が規制するのか?」

2014.03.03
大手取引所のお粗末で、大いに海外投資家から注目を集めているビットコイン。社会的な影響力の大きさを考えると規制論も出てきそうだが、はたして誰がビットコインを規制するのだろうか?

 

この点について米連邦準備制度準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は、「FRBにはこれを規制する権限はまったくない」と発言し、自らの関与を明確に否定した。27日の上院銀行委員会での発言。また、「これは完全に銀行業界の外で起きている決済上の革新であり、私が知る限り銀行との間に共通点はない」とも発言した。これはつまり、被害者はFRBにとってまったく救済の対象にならないことをも意味する。年初に1ビットコイン=約700ドルだったビットコインの価格は、27日に571.29ドルと低迷している。

ビットコインのシステム自体は万全だが、取引所がハッカーによる攻撃の危機にさらされており、海外投資家が安心して投資できないのが現状。ビットコインの仕組みが万全なだけに、逆にハッカーからビットコインを取り戻すのもむずかしい。むしろ、ちゃんとした規制が打ち出された方が、海外投資家は安心して取引に参入できるのかもしれない。しかし、そもそも誰が発行者なのかも、運営者も明確でないビットコインの規制問題。一元的な管理者がいないことがビットコインの魅力なのだが、それだけに規制の問題はむずかしく、現状、先行きは誰にも見えない。

ソース: ウォール・ストリート・ジャーナル(2014年2月28日付)

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2012.09.08
カリスマ投資家として今でも世界中の投資家から人気絶大のジム・ロジャーズ氏。いまだに衰えることのない投資に対する鋭い慧眼には、皆が一目置いている。そのロジャーズ氏が日本のユーザーに向けて「強い円に自信を持て」と熱いメッセージを寄せた。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ