1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. マスコミの見方
  3. ロイター
  4. 海外投資の盲点・対ロ制裁、どうするEU、もろ刃の剣

ロイター

海外投資の盲点・対ロ制裁、どうするEU、もろ刃の剣

2014.03.20
EUが対ロ制裁で苦慮している。対ロ制裁を強化すれば、ロシアは対EU制裁に踏み切るだろう。EUにとって対ロ制裁は自らの身も切るもろ刃の剣だ。

 

今のところEUがウクライナ問題で打ち出した対ロ制裁措置は、生ぬるい内容にとどまっている。ロシア人とクリミア人数十人に対する渡航禁止と資産凍結を〝制裁〟とは呼びにくい。もっとも、EU側には制裁強化に踏み切りにくい事情もある。あまりにも失うものが大きいのだ。失うものがない米国は対ロ制裁に強行的だが、EUがこれにどこまで同調できるのか、現状では定かではない。EUとロシアの金融や貿易を含む関係は深い。制裁強化はロシアの輸出、ビジネス、銀行に打撃を与えるだろうが、EUは確実にその返り血を浴びる。

ロシアの報復措置はEUに大きな打撃を与えるだろう。その影響はロシアと国境を接するフィンランドから、銀行や不動産、投資面で関係が強いキプロスまで広範囲に及ぶ。制裁の決意が高いドイツは、天然ガスの40%をロシアから輸入している。制裁強化を望む英国も、ロシアの支配層が利用するロンドンの金融センターへの影響が免れない。フランスの対ロシアの債権・投資額は500億ドルを超える。EUはロシアと米国のはざまで厳しい決断を迫られる。

ソース: ロイター(2014年3月19日付)

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2012.09.08
カリスマ投資家として今でも世界中の投資家から人気絶大のジム・ロジャーズ氏。いまだに衰えることのない投資に対する鋭い慧眼には、皆が一目置いている。そのロジャーズ氏が日本のユーザーに向けて「強い円に自信を持て」と熱いメッセージを寄せた。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ