1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. マスコミの見方
  3. バロンズ
  4. 好調を謳歌していた市場に激震の兆し

バロンズ

好調を謳歌していた市場に激震の兆し

2014.07.25
ほぼ底辺を這っていたVIX指数(恐怖指数)が上昇し始めた。。

 

シカゴ・オプション取引所(CBOE)で、VIX指数を買う権利=コール・オプションが上昇し始めた。これは株式市場の下落を示唆するもので、イエレンFRB議長の「投資家はリスクに無頓着過ぎる」との発言を織り込み始めたものだ。VIX市場は歴史的な低水準で推移していたが、ここでも「FRBには逆らうな」という格言が生きているようだ。

6月の連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録はこのVIX市場に言及したが、これは史上初めてのこと。ただでもウクライナでのマレーシア航空機の撃墜や、イスラエルによるガザ地区への攻撃激化で、市場は緊張感を高めている。VIX指数の上昇は市場が変動する予兆の可能性がある。投資家の間で不安心理が高まっていることは確かなようだ。

ソース: バロンズ(2014年7月22日付)

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ