1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 西真代表取締役
  4. あくまでも本業優先、よい情報があれば精査してすかさず投資/西真

西真代表取締役

あくまでも本業優先、よい情報があれば精査してすかさず投資/西真

2014.09.22
【私の資産運用体験記】

アスタリスク
西真代表取締役CEO

成功談・失敗談を含めて、これまでの個人的な資産運用の体験談を西代表に伺いました。


最初の投資体験は投資信託から

――最初の資産運用のご経験は?

今から4~5年前のことですが、大手証券会社の若手の営業の方が真夏にアポなしで来られ、汗だくで可哀想だったので、まずは話しを聞いてあげました。投資に興味を持ったというよりは、その営業さんがあまりにも一生懸命だったので、正直なところ関心をもってあげたという感じです。

ところが話しを聞いてみると、経営者としては経済の勉強にもなり、またプロが持っている情報にも興味をそそがれ、これは投資してみようかな、という気持ちになりました。そこで、まずは投資信託に投資することにしました。毎月分配型で運用成績もよく、分配金がお小遣い程度に毎月入ってきたので、悪い投資ではありませんでした。

――その後はどのような運用をされたのですか?

それから1年後、確実に分配金も入ってきていたので、投資信託に投資するのは悪くないのかな……と思い、新たに別の投資信託に投資を始めました。2本目の投資信託も運用成績が良く、次第に投資に関心が強まりました。これらの投資信託は買い増しし、今でも保有しています。

次第に投資対象を広げて株式や債券も

それから少し色気を出して、株式投資もやろうと思い、IPO(新規公開株式)や増資の情報をもらって、これは株式を取得してある程度、利幅が乗ったところで売却して利益を出しました。それから外貨資産にも興味を持ち、ブラジルに投資するファンドにも投資しました。総じてタイミングが良かったのか、おかげさまでこれまでの投資はすべてうまくいっています。

それから次第に投資対象の幅を広げて、債券にも投資しました。これはメキシコの債券に投資するもので、5年満期の元本確保型です。リターンはそれほど高くありませんが、確実に利益を得ることができます。

何より本業が優先ですので、自分で情報を集めている暇はありません。証券会社が良い情報をもってくれば、それを精査して間違いなければ投資するというスタイルです。今後も、無謀な冒険はしませんが、今は銀行に預けてもほとんど金利が付きませんから、可能な範囲内で余裕資金を投資して資産残高を増やしていきます。あまり欲を出さず、手堅く行うことが投資成功のコツだと思っています。

【企業データ】

株式会社アスタリスク


【 会社概要 】
・設 立:2005年12月2日
・所在地:東京都千代田区飯田橋3-3-11 ばんらいビル3F
TEL 03-3265-5185 FAX 03-3265-5186
・資本金:10,000,000円
・事業内容:
システム・インテグレーション・サービス、HP,WEBサイト構築サービス
ドッグウェア「ULTIMATE NERVOUS」の企画・製造・販売、オンラインショップ運営
インディーズ向け音楽配信アプリ「KNOCK in」の運営 ※2014年10月公開予定


IT分野を基盤とし、ペット産業、音楽業界に展開を広げる。ベンチャー企業ならでは発想・スピード感を重視し、今後はMADE in JAPANメーカーとして世界進出の目標を掲げる。




http://www.aster-isk.co.jp/

http://www.ultimatenervous.com/

https://www.knock-in.jp/



 


特集「西真代表取締役」の記事一覧
もっと読む
  • あくまでも本業優先、よい情報があれば精査してすかさず投資/西真
    2014.09.22

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2014.12.03
日本社宅サービス(マザーズ:8945)の今後の成長の可能性を笹社長にうかがいました。同社はグループ4社の中核をなし、そのサービス内容は実に多岐にわたります。同社の収益源は意外なところにありました。今後も着実な成長が期待される、投資家にとっても魅力的な有望企業です。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ