1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 浜口隆則代表取締役
  4. 起業を支援する「日本でたった一つのユニークな会社」/浜口隆則

浜口隆則代表取締役

起業を支援する「日本でたった一つのユニークな会社」/浜口隆則

2014.09.26
【我が社の成長と拡大の展望】

株式会社ビジネスバンクグループ
浜口隆則代表取締役

創立されたきっかけから今後の会社の展望まで、浜口代表に伺いました。


起業にネガティブな日本を変えていきたい

――なぜ起業支援というフィールドを選んだのですか?

私が起業をする前は小さな会計事務所で働いていて、そこで中小企業の経営者の方々と接していくことが多くなりました。そこで起業家は、社会の役に立っていると感じたことがきっかけでした。

正直それまでは、中小企業の経営者に対しては、プラスのイメージを持っていませんでした。ですが、実際にお会いしていくと、本当に社員のことや、お客様のこと、社会のことを考えている経営者が多く、今後の日本はそのような経営者が増えていかなければ、ダメになってしまうと思ったんですよね。

併せて私はアメリカでの居住経験があり、アメリカでは起業をしたい人が沢山いました。それに比べ、なぜ日本では起業に対してネガティブな人が多いのか疑問に感じました。そこを変えていかないと日本がダメになってしまうと感じ、自分で起業を支援する会社を作れば社会の役に立てるのではないかと思い始めました。

プロ野球選手を育てるのではなく、草野球のグラウンド整備をする

――大きなビジョンは起業したい人を増やすということですね?

はい。そのためにまず何が必要かを考えたところ、レンタルオフィスという事業にたどり着きました。

僕らが起業を考えたのは1996年頃で、その時はオフィスを借りると、ものすごくお金がかかったんですよ。その環境で、新しく事業を始めたところでうまくいくわけがないと思いました。そこで初期投資の掛からないレンタルオフィスという事業から始めたわけです。それから約15年レンタルオフィス事業を運営し、業界を創ったパイオニアとして認知されていました。

野球で言うと、ベンチャーキャピタルはプロ野球選手を育てていくような役割で、僕らは草野球のグラウンドを整備しているような役割ですね。

――「日本でたった一つのユニークな会社」に込めた思いとは?

自分で命をかけてやっていることなので、人と同じものを目指す必要はないというのが一つ。二つ目が、これは極論で理想論かもしれないですが、世の中で同じ業態の会社は1つでいいと思うんですよ。確かに競合の企業があれば良い意味で競争して伸びるかもしれないですけど、お客様からすると、一番の企業しか必要ないのですよね。

弊社も今まで約4000社の企業と関わってきているので、それが会社の財産であり、それを糧に弊社でしか提供できないサービスを作っていきたいと考えています。だからこそユニークな会社を目指しています。

これからも新たなインパクトを社会に与えていきたい

――創業から現在までは経営は順調でしたか?

順調ではなかったです。まず創業する前に色々な経営者とお話をしましたがやめた方がいいという意見が多かったですね。起業支援なんて「国がやるべきことだ」などと言われました。そんな事やらないで、うちで働かないかなどとも言われました。

それでもやりたいことは変わらずに起業することを決心しました。実際に始めてみて3年間はきつかったですね。ただ3年目からは段々と波に乗ってきて、ついには7年目には上場の話もありました。

しかし、とても悩んだのですが、やるべきことをやるためには上場しない方が良いと判断しました。その頃はレンタルオフィスを事業の中心としていたので、株主はうちの会社を不動産会社と判断してしまいます。もしそうなったら起業支援ができなくなるリスクがあったので上場しませんでした。

――特に苦労したのは創業後3年間ですか?

やはり3年間はきつかったです。その期間にかかわらず、いつでも失敗ばかりですよ。失敗は成功へのプロセスなので今でも失敗は繰り返しています。ただ会社がダメになってしまう様な失敗はしないように心がけています。

――現在の経営状況はいかがですか?

2年前にレンタルオフィス事業は役割を果たしたと思い、事業自体を売却しました。レンタルオフィス事業はそれまで約8割の売り上げを占めていたので、残り2割の事業で経営していくことになりました。

この2年間は大赤字ですね。段々と良くなってきてはいますが、以前と比べると収益はまだまだの状況です。

――今後の展望や夢を聞かせてください

今後も飽きもせず「日本の開業率を10%に引き上げます!」というミッションを追いかけ続けたいと思います。

現在は、中小企業の経営がより楽になるシステムを開発しています。詳しい内容はまだ公開はできませんが、中小企業の経営者の道標になるようなシステムを考えています。経営のカーナビみたいなものになるかもしれません。レンタルオフィスという事業も僕らが始めて業界を作っていったものなので、またそういうサービスで社会にインパクトを与え続けていきたいです。

【企業データ】

株式会社ビジネスバンクグループ

http://bbank.jp/

○ 社長のための学びのプラットフォーム 「プレジデントアカデミー」
○ 起業のワンストップサービス 「起業準備.com」
○ 起業家のための学校 「アントレプレナーアカデミー」
○ 起業家を育てる会計サービス 「スタートップ会計株式会社」
○ 幸せな起業家を育てる 「幸せ社長スクール事業部」
○ アーリーステージへの投資 「有限会社ビー・ビー・キャピタル」
○ 小さな会社のブランド戦略 「スターブランド株式会社」
○ 喜びをデザインする 「ファン創造ブランディング」
○ 起業を志す若者を応援する 「起業家インターン」
○ 成功する起業家の言葉を伝える 「ReLife」




 


特集「浜口隆則代表取締役」の記事一覧
もっと読む
  • 起業を支援する「日本でたった一つのユニークな会社」/浜口隆則
    2014.09.26

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2013.08.19
ヘッジファンドは大きなお金を、好きなように動かすのが特徴。彼らは常々大きく儲けようとするが、逆に大きく損をすることもあり、これを繰り返している。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ