1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 森田秀樹代表取締役社長インタビュー
  4. 電気屋さんから脱皮-熱意と行動力で上場を目指す/森田秀樹

森田秀樹代表取締役社長インタビュー

電気屋さんから脱皮-熱意と行動力で上場を目指す/森田秀樹

2014.10.09
【我が社の成長と拡大の展望】

株式会社イデアテクノロジー
森田秀樹代表取締役社長

社長就任当初の苦労から、今後の会社の展望を森田代表に伺いました。

森田秀樹代表

創業者の強い思いを受け継いで

――創立されたきっかけは何ですか?

創業は昭和48年の12月で、現在41期目になります。現取締役である佐藤進平が創業し、当時は進栄電気株式会社という名前でした。私自身がこの会社に入社したのは平成7年の10月で、もともと自分でも事業をしておりましたが、当時の幹部の方々から熱いアプローチを受けて、個人事業主という立場を捨て、この会社に入社する決意をしました。その後、平成15年9月に社長に就任しました。

また、去年1月には40周年を記念して、社名を「イデアテクノロジー」に変更しました。弊社では、電気設備・通信設備両方の構築を行っているのですが、旧社名ですと、電気屋さんというイメージが強かったのでそれを払拭したかったのと、若い社員も増えてきたので会社の若返りを図ろうと考えたからです。

――社長になった当初はどうでしたか?

もともと、この会社に入る時から「社長になりたい」という思いを持っていましたが、血縁関係は全くなかったので、実績を積んで認めてもらえるよう努力してきました。やっとその念願かなってオファーがきましたが、自分が「社長」という役職に抱いていたイメージとは逆に、就任してすぐ責任の重さを痛感することになります。

ある日、旧役員の方たちが、銀行からの借り入れ明細を持ってきて、連帯保証人になれと言われた時は一瞬怖じ気づきそうになりました。今になってみると、旧役員の方たちが、社長になることはどういうことか厳しさを教えてくれたんだと思っています。

――社員をまとめていく上での苦労はありましたか?

組織だった社風をつくりたかったので自分なりに方針書をつくってみましたが、はじめは社員から総スカンを食らいました。それから社員に認めてもらうには、社長として実績を出す必要があると考え方を方向転換し、そして就任3年目でやっと、当時、3億5千万円に満たなかった売り上げを8億近くにまでもっていきました。しかし、それでもなかなか会社に一体感は生まれず、中には辞めていく社員もいました。

自分が作った会社であれば、同じ思いをもった人だけ集めることができるかもしれませんが、創業者の思いを受け継いで経営していかなければならない中で、当時はかなり試行錯誤しましたね。

過去に、きちんとした成功者になるためには、「狭い門=苦しい門」から入れという言葉を聴いたことがありますが、苦難や苦労が多い分、それは成功への入り口かなと思っています。逃げずに立ち向かっていけば必ず先が開けると…。本当は嫌だけど、必然とそうなっているんです。

社員が幸せになれる会社をつくりたい

――社長になるための必要な要素とは?

社長になりたいという熱意と行動力だと思います。とにかく「あきらめない」ことですね。あとは、思いはあっても結果を出さなくてはいけないので、最終的には取引先や仲間に認めてもらえるかということが重要になってくると思います。

――今後の会社の展望を教えて下さい。

実はまだ、会社を再建している最中で、創業してから長い歴史の中で色々な問題が残っています。それでも少しずつ、会社の若返りや、事業転換も図れているので、今後はより働いているみんなが幸せになれるような会社をつくっていきたいですね。さらには、出来るならば上場もしたい。ここで、宣言することで自分を追い込みたいと思っています。

海外展開では東南アジアへの進出も視野に入れています。まず現地の方々をよんで、日本で建設業に従事させることが一つと、それから、我々が持っている技術をインフラ整備という面で、東南アジアでも事業を興したいなというのが方向としてあります。また太陽光発電事業への新規参入も考えています。

【企業データ】

株式会社イデアテクノロジー

http://idea-t.jp



商号 : 株式会社イデアテクノロジー
代表者 : 森田 秀樹
本社 : 〒105-0014
東京都港区芝2丁目3番地9号 芝イーストビル4階
   TEL 03(5730)3838 FAX 03(5730)0886
羽田空港事務所:
   〒144-0041
東京都大田区羽田空港3丁目3番2号
   第1旅客ターミナルビルB1 321 545室
   TEL 03(6809)5053 FAX 03(5757)6202
設立:昭和48年12月21日
事業内容:通信設備設計・施工・保守、電気設備設計・施工・保守
産業用太陽光発電設備設計・施工・保守、LED照明販売・施工・保守
取得許諾:電気工事業・電気通信工事業 <東京都知事許可(般-22)第16988号>特定労働者派遣事業 <特13-302479>
当社の強み:小さい会社ながら北海道から沖縄まで、パートーナー網を確立しており全国で工事や保守の対応が可能。上場企業からの発注物件で様々な全国対応工事の実積あり。


 


  • 電気屋さんから脱皮-熱意と行動力で上場を目指す/森田秀樹
    2014.10.09

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2014.12.03
日本社宅サービス(マザーズ:8945)の今後の成長の可能性を笹社長にうかがいました。同社はグループ4社の中核をなし、そのサービス内容は実に多岐にわたります。同社の収益源は意外なところにありました。今後も着実な成長が期待される、投資家にとっても魅力的な有望企業です。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ