1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 阪谷泰之代表
  4. 空室の収益化で顧客に新たな価値を提供し続ける/阪谷泰之

阪谷泰之代表

空室の収益化で顧客に新たな価値を提供し続ける/阪谷泰之

2014.10.16

株式会社リビングエージェント

阪谷泰之代表取締役

【事業内容】
・不動産賃貸の仲介
・プロパティマネジメント
・社宅管理業務代行
・レンタルオフィスの運営、コンサルティング
・法人社宅斡旋
・不動産の売買の仲介
【URL】
http://www.living-agent.co.jp/


Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください

創業してから2度の困難に直面しました。一度目は創業時。顧客が全くいないことと資金面での不安、みるみる資金が目減りしたことを今でも覚えています。2度目は、3年前当時、当社の事業の一角であった仲介事業が伸び悩み、なかなかうまくいかない時期がありました。その時の私の決断は、仲介事業を切捨て、『空室の収益化』というビジネスを主な事業ドメインとすることで経営方針を転換させました。一時売上は減少したものの、一気に以前の売上を追い越していきました。どちらも社員の団結感の素晴らしさを感じた出来事でした。今となっては、大変いい経験をさせて頂いたといった気持ちです。

Q2.黒字経営の秘訣を教えてください

黒字かどうかはあくまでもプロセスの結果です。信頼につながるいい仕事には必ず顧客がついてきます。それが結果として、収益を生み出します。当然、黒字経営を目指して業務を執っていますが、それが経営の目的にはなりません。私の黒字の秘訣は、経営の目的を顧客の利益とすることです。そして、それを日々研鑽すること。当社のビジネスモデルを、当社の社員をなるべくたくさんの顧客に見て頂き、その評価を集計したものが利益だと私は考えております。

Q3.座右の銘

「決して驕らず、決して腐らず」
自分自身の中で「謙虚さ」と「自信」のバランスを大切に、良い時も悪い時も常に変わらず確実に一歩ずつ前へ歩みを進めたい、そう考えております。


特集「阪谷泰之代表」の記事一覧
もっと読む
  • 空室の収益化で顧客に新たな価値を提供し続ける/阪谷泰之
    2014.10.16

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ