1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 森田光一代表
  4. ユーザーを楽しませるには、先ず社員が没頭するほど仕事を楽しむこと/森田光一

森田光一代表

ユーザーを楽しませるには、先ず社員が没頭するほど仕事を楽しむこと/森田光一

2014.10.16

ルーセント・グローバル株式会社
代表取締役会長 森田光一



【事業内容】
・ゲーム・アニメーション事業
・パチンコ・パチスロ事業
・WEBサービス事業
・IT エンジニアリングサービス事業
【URL】
ルーセント・グローバル株式会社
http://www.lucent-global.co.jp/


Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください

創業した当初は業務用システムを開発していたのですが、リーマンショックと言う苦しい環境の中でこそ「楽しく、夢中になれるような仕事をしよう」とゲーム、パチンコなどのエンタメ事業に転換しました。リーマンショックという困難をエンタメ事業へ展開する事で乗り越えることができた、この会社らしい体験と言えます。

Q2.黒字経営の秘訣を教えてください

社員全員をワクワクさせられる会社づくりを行っています。 例えば、ギルド制度というものを採用しています。同じ志を持つもの同士が集まる楽しいサークルのようなイメージでしょうか。教育制度の一環として採り入れているのですが、自由に教え合い、自由に助け合う。という理想を現実の制度として採り入れています。会社としてプロトタイプは用意しますが、それ以上のことは社員でやっていくことを基本としていており、風通しのいい職場づくりができていると思います。

Q3.座右の銘

「楽しい人間」
何か高度な仕事をするには、明るく、楽しく、仕事に没頭できる人間であることが重要なのだと思います。特に、エンターテイメントの開発事業となれば、創造性も求められますし、仕事を楽しんで、没頭できるくらいでなければ良い仕事はできないと思います。
特集「森田光一代表」の記事一覧
もっと読む
  • ユーザーを楽しませるには、先ず社員が没頭するほど仕事を楽しむこと/森田光一
    2014.10.16

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2015.01.22
シンバイオ製薬(東証ジャスダック:4582)の吉田文紀社長に同社の将来展望を伺いました。患者数の少ないものの医療ニーズが高い「空白の治療領域」の新薬を開発する同社ですが、競合が少ない治療領域で闘う戦略に成長の鍵がありました。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ