1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 須藤圭一代表取締役社長
  4. マンション管理のお医者さんが診断「マンションの管理費は高すぎる!」/須藤圭一

須藤圭一代表取締役社長

マンション管理のお医者さんが診断「マンションの管理費は高すぎる!」/須藤圭一

2014.10.22
【我が社の成長と拡大の展望】

株式会社シーアイピー
須藤圭一代表取締役社長

シーアイピーの成長と拡大の可能性、将来性を須藤社長に伺いました。



マンション管理組合は管理会社の言いなり

――御社の業務の概要をお話し下さい

主にマンション管理組合のコンサルティング事業を行っています。マンション管理会社ではなく、管理組合側に立ったコンサルタントです。私どもは常に管理組合の側に立ち、管理組合の為に有利な提案を行うことを通して、管理組合が管理会社の言いなりではない正しい姿になるべく業務を行っています。

――管理組合からは具体的にどのような相談が多いのですか?

マンションの管理会社といろいろトラブルが起きているとか、管理会社に対して不満があるとか、修繕積立金が引き上げられそうだとか、管理費が高いとか、いろいろな相談を頂きます。マンションの管理組合は素人の集団です。一方、管理会社はマンション管理のプロであり、管理組合とは利益相反の関係にありますから、そこにはいろいろな問題が起きて当たり前なのです。

中には工事費の見積もりがすごく高いとか、廊下の電球を定価よりとても高い値段で買っていたとか、トラブルの種は尽きません。雑巾やモップ、ほうき、塵取りなどの清掃道具は、価格ドットコムの2倍の価格で買っているなど、そんな話はざらです。工事費もたとえば100世帯のマンションで1億円の見積もりが出てきたので、試しに理事会独自で見積もりを取ってみたら7000万円で済むことがわかったというようなケースもあります。こんなことは日常茶飯事です。

競争原理の働かない現代の聖域

――そういう問題のある管理会社は、管理会社全体の何割くらいですか?

ほぼ全部といっても過言ではありません。管理会社は管理組合とは利益相反の立場ですから、いかに高くサービスを売るかに終始するも仕方がありません。なので最初から工事費を7000万円でもっていく社員は、会社からすればダメな社員なわけで、なるべく利益を最大化してくれるのが優秀な社員となります。管理組合の人たちは素人ですから、そこをうまく見せるようにコントロールしながら、できるだけ高い価格で売りつけるという構造です。管理会社も企業ですから、利益が出るようにするのは当然です。しかし問題なのは、利益が妥当なものではなく、「暴利」となっている可能性が潜んでいる事です。残念ながら、その事に気がつかない管理組合も多いのが現実です。

ほとんどのマンションは下請けが存在する重層構造であるデベロッパーの系列管理会社が管理をしています。三井系なら三井の管理会社、住友系なら住友の管理会社と住み分けが決まっているので、当然そこには競争原理が働きません。仕事が独占的に取れるのに、下請けから100円で買えるものを110円でお客様に売るのはサラリーマンとして失格です。100円のものをどうやったら200円、300円で売れるかを考えるのが管理会社にとっては優秀な社員なのです。

管理委託費もべらぼうに高いところが多い。私たちが査定すると、だいたいのマンションが倍くらいの管理委託費を払っています。

――競合他社はありますか?

少しはありますが、何といっても当社は業界の先導役を担っている老舗です。当社の売りは、長い経験と多くの実績、そして何時もお客様の立場に立つというスタンスで業務を行う姿勢です。また、業界では当たり前と言われ、蔓延しているバックマージンという闇にも全く関知せず、常に潔白な立場を貫く希少なコンサルタントです。業務の質も社歴に比例するだけの多くの経験を通し、バージョンアップをしているので他社のサービスとは一線を画していると自負しています。

【企業データ】

シーアイピー株式会社

http://www.cip.co.jp/



当社はこれまでマンション管理組合を対象とした事業に取り組んできました。取り組みの中に於いて大切にしてきた事の一つに 「管理組合に一番近いコンサルタント」であるということがあります。「管理組合に一番近いコンサルタント」とはどういうことかというと、 簡単に言えば「管理会社や工事会社からの視点ではなく、管理組合の視点で考えることができるコンサルタント」ということです。

管理組合を対象として事業を行っている方々には、管理会社・修繕工事会社・設計事務所そしてマンション管理士など多岐に渡って数多くおり、 その方々の中には当社よりも経験が豊富な方も多くいらっしゃるはずです。

しかし、残念ながらその多くは供給側の立場からの 発想で業務に取り組んでいるのが大半ではないでしょうか。この立場を崩す一番の要因と思われる報酬体系を管理組合の利益にしっかりと比例させることで、これまでも、そしてこれからも「管理組合に一番近いコンサルタント」として、喜ばれるサービスを提供していきます。

当社のテーマは『より良いマンション管理を適正価格で、より安く』 『より良い大規模修繕工事を適正価格で、より安く』です。その実現を経て出会った多くの嬉しい出会いを、これからも一つでも多く重ねていけるよう株式会社シーアイピーは日々努力し、 一人でも多くの方の笑顔に繋げられる為の役目を果たしていきたいと考えております。


特集「須藤圭一代表取締役社長」の記事一覧
もっと読む
  • マンション管理のお医者さんが診断「マンションの管理費は高すぎる!」/須藤圭一
    2014.10.22

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ