1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 徳山真旭代表
  4. ITソフトウェアは作るのも売るのも「人」次第/徳山真旭

徳山真旭代表

ITソフトウェアは作るのも売るのも「人」次第/徳山真旭

2014.10.23

株式会社AnchorZ
代表取締役 徳山真旭


徳山真旭代表

【事業内容】
・解析エンジン「PM-Engine」による各種サービスの開発と販売
・ユーティリティ関連ソフトウェア・パッケージの企画・開発・販売
・通信、セキュリティ、関連商品の販売代理店業
【URL】
株式会社AnchorZ
http://anchorz.co.jp/


Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください

ITソフトウェアは作るのも売るのも「人」次第だと思っています。そんな中で、中心の技術者が辞めたときは、資金繰りよりも苦しいと感じました。我々は独自性が強いオンリーワンの開発を目指しているので、そのノウハウの引き継ぎだけでも時間がかかってしまいます。
中心の技術者が辞めてから、優秀な人材の募集を0から始めることになりました。運良くよい人材と出会うことができて会社のビジョンにマッチする優秀な人材を集めることができ、ようやく軌道に乗せることができました。

Q2.黒字経営の秘訣を教えてください

以前までは、差別化ポイントが大きい技術と品質が最も重要だと思っていました。しかし今では、人材が一番大事だと思っております。また、人材を活かすためには様々な配慮が必要だと強く感じています。
比較的に大きい会社だと上司の意見に従うことが重要になりますので、部下はよくいうことを聞いてくれます。私がそのような立場のときにはこれを自身の力であると勘違いしてしまっていました。ベンチャーの経営者となってからは社長と社員は1対1のコミュニケーションから人間同士の付き合いが始まり、その成果として社員の士気に直接影響してきますので、一切の妥協がありません。

Q3.座右の銘

「良い人間が良い商品を作る」


特集「徳山真旭代表」の記事一覧
もっと読む
  • ITソフトウェアは作るのも売るのも「人」次第/徳山真旭
    2014.10.23

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2016.12.09
投資の手法として最近よく名前を聞くようになった「ヘッジファンド」 よくわからないもの、投機、実体のつかめないもの、ハイリスク・ハイリターンで儲けは大きいが損もでかいと言われていることが多い。 ヘッジファンドとは何なのか、なぜあまり知られていないのかも含めて、どのようなものかを解説する。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ