1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 田中昌男代表
  4. 「入りを計り、出ずるを制す」/田中昌男

田中昌男代表

「入りを計り、出ずるを制す」/田中昌男

2014.10.23

株式会社メテックス
代表取締役 田中昌男


田中昌男代表

【事業内容】
主として下記製品の輸入・国内販売
•健康・医療関連用品
•スポーツ・アウトドア用品
•ギフト・ノベルティ商品
•各種ユニーク商品

【URL】
株式会社メテックス
http://metex.qj.shopserve.jp/


Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください

両親が繊維の専門商社を営んでいましたが、父が体調を崩すなどして、経営に問題が出ていた為、勤務していた三井物産(当時ロンドン支店勤務)を退職し、父の会社再建に当たりました。年商100億円とそこそこの規模の会社でしたが、第1次オイルショック後の不況下、在庫過剰でかなり厳しい状況でしたが、赤字でも在庫の売りぬきを実行、両親の運転手付の外車2台を処分するなど、徹底的に経費節減を図りました。

Q2.黒字経営の秘訣を教えてください

一言で言うと、「入りを計り、出ずるを制す」。入り・即ち収入を増やし、出・即ち支出を減らすという事です。
口で言うのは簡単ですが、実際の実行には、大変な障害が伴います。前述の両親の社用車売却も両親も必要性は判っていても、今まで運転手付の車に乗っていた人が、電車通勤となるとものすごい抵抗感があります。それを押し切って徹底的に支出を減らしました。一方本社の社員食堂を飲食業者に貸して、賃貸し収入を得ると同時に食堂運営費を削減し、年間1,000万円を節約しました。
その結果、5 年連続赤字の会社を1 年で経常黒字に転換しました。現在は自分の会社を経営していますが、私が経営を引き継いでから15年間1回も赤字を出した事がありません。これは人のまねをしない、独自の製品を扱っているからだと思います。

Q3.座右の銘

「士魂商才・和魂洋才」


特集「田中昌男代表」の記事一覧
もっと読む
  • 「入りを計り、出ずるを制す」/田中昌男
    2014.10.23

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ