1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 皆川和久代表
  4. 勇気を失うことは、全てを失うことである/皆川和久

皆川和久代表

勇気を失うことは、全てを失うことである/皆川和久

2014.10.23

株式会社 Samurai CEO
代表取締役 皆川和久


皆川和久代表

【事業内容】
•経営戦略コンサルティング
•企業ブランディングコンサルティング
•マスコミ パブリッシング事業
•21世紀ビジネスモデル研究会
•ビジネスマッチング異業種交流会
•全国美容室ポータルサイト事業
【URL】
株式会社 Samurai CEO
http://www.samuraiceo.jp/


Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください

30代に転職した先の事です、真実の経営状況も知らされず年商の10倍を超える負債を抱えていた債務超過である倒産寸前の老舗企業でした。
後に専務取締役になるのですが、その会社の再建がとても困難でした。銀行との交渉や不動産の売却、数十億の不良債権処理、そして本業である事業再構築と3年の期間で再建に携わっていた事を、今思うと「よくそんなことをしていたな」と思います。
幸運なことに金融機関との和解により債務免除という方法にて、不良債権を0にすることができました。困難ではありましたが、一生に一度あるかないかの経験をさせていただけましたので、「私の人生に必要だった」のかと思い出します。

Q2.黒字経営の秘訣を教えてください

再建した企業の事例ですが、経営戦略の1つとして企業ブランディングにチャレンジしました。低コストでブランディングをする手法として、広告宣伝という手法では無くマスコミを味方につける方法です。業界の常識に捕らわれず斬新な物づくりや、技術をWEB上で一般公開したり、物づくりの学校を設立したり様々な企業活動におけるPR戦略が成功し、年間で115回のマスコミ取材を取り付け有名企業に仕立ててしまう事に成功し、三年連続130%の業績向上に繋がりました。マスコミ(テレビ・新聞・雑誌等)の先にいる数百万人の消費者にアプローチする方法が、企業経営の黒字化に繋がる手法としての成功体験です。

Q3.座右の銘

「勇気を失うことは、全てを失うことである」

◆お知り合いのグレート・プレジデント◆

株式会社シーネット 坂爪達也代表


特集「皆川和久代表」の記事一覧
もっと読む
  • 勇気を失うことは、全てを失うことである/皆川和久
    2014.10.23

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ