1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 北野譲治代表
  4. 我々の技術がグローバルスタンダード/北野譲治

北野譲治代表

我々の技術がグローバルスタンダード/北野譲治

2014.10.24

イーパーセル株式会社
社長 北野譲治


北野譲治代表

【事業内容】
•インターネット上の国際物流サービス

【URL】
イーパーセル株式会社
http://www.e-parcel.co.jp/


Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください

1996年、イーパーセルは、起業のためのインフラ(マーケット、人材の流動化、資金調達、など)が整備されている米国(ボストン)の地で創業しました。以来、リアルな物流ビジネスをネットの世界に取り込み、電子物流サービス(電子宅配便)としてグローバルに事業を展開しています。
2001年から日本国内でのビジネスをスタートしましたが、最も高いハードルはマーケットとの対峙でした。日本の大手企業はその技術がグローバルスタンダードであるかどうかを重要だと考えますが、それはベンチャーにとっては対極にあるものなのです。
イーパーセルは、米国で保有する基本特許が、米グーグルや米ベライゾンを始めとした米系大手グローバルIT企業で採用されている技術であることを実証することを目的に、米国の地で特許侵害訴訟を起し、実質的な勝利を収めました。その結果、現在のユーザ企業数は6,000社を超えるようになりました。

Q2.黒字経営の秘訣を教えてください

イーパーセルのビジネスモデルは、物流事業同様、ストックビジネスでありながら、フロービジネスの良さも取り込んでおり、収益の伸びとコストが直接的に連動しない構造にしています。
事業立上げ時は初期投資(製品開発やインフラ投資)が巨額なため、長期間で回収する体力はなく、よって、事業開始直後はソフトウェアライセンス販売(フロー型)により大きくアップフロント収入を稼ぎ出し、売上カーブが安定してくるとともに、サービス販売(ストック型)に軸足を移動していきました。。
現在は、ストックビジネスを主軸に約6,000社のユーザ様からサービス収入を得ることで、極めて安定した高い収益を得て、黒字経営を実現しています。

Q3.座右の銘

「無私を磨く」


特集「北野譲治代表」の記事一覧
もっと読む
  • 我々の技術がグローバルスタンダード/北野譲治
    2014.10.24

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ