1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 渡邉良文代表
  4. ユニークな事業だからこそ、ここにしかない価値がある/渡邉良文

渡邉良文代表

ユニークな事業だからこそ、ここにしかない価値がある/渡邉良文

2014.10.30

株式会社ヒップスターゲート
代表取締役 渡邉良文


【事業内容】
1.民間企業社員に対する各階層別研修の指導
2.ビジネスゲーム型研修の開発・販売・レンタル
3.研修内製化支援ツールの開発・販売・レンタル
4.ASP多面評価サービスの提供
5.研修体系構築及び組織変革のコンサルティング
6.Do★Do★Do HEADLANE WEBの運営
【URL】
株式会社ヒップスターゲート
http://hipstergate.jp/


Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください

創業当時から困難は感じていませんでしたね。というか困難をしみじみと感じている余裕がなかったのが本音です。ただ、当社が身を置く研修業界は5000億円市場と言われており、他業界と比較すると小さく、そのような市場において実績も信用もない新参者が老舗研修会社と競い合ってシェアを獲得することは、想像以上にハードルが高く、私はいっそのこと競合会社と戦わない戦略を考えるようになりました。それがゲーミフィケーションと研修を融合させた研修プログラム開発への着手です。結果として今では画期的と評価される「自己変革型ビジネスゲームDo★Do★Do 」が誕生することになりました。開発当時、ビジネスゲーム型研修というニッチなサービス領域でNO.1を獲得すると覚悟を決め、全リソースをそこに集中させました。今ではDo★Do★Doの導入企業は100社を超えています。

Q2.黒字経営の秘訣を教えてください

「絶対に黒字にする」という強い意識です。 黒字化をゴール設定とすることで、逆算してすべき事、やめるべき事が自然と浮かび上がってきます。「赤字でいいや」という楽観思考で経営してはいけません。しかし、そういう企業もあるように思います。赤字にすることに命を懸け、法人税を免れる事にエネルギーを注ぐ時間があるのならば、ぼくは、そのエネルギーを売上拡大や利益率向上に注ぎます。
よくある節税方法に費用の増大があります。利益圧縮を実現させるもっとも簡単で好都合な方法ですが、それはあくまでも支出であって、キャッシュが残りません。翌期、キャッシュが少ない状態で経営していれば、何かのきっかけでキャッシュフローが悪化し、黒字倒産になるリスクが高まります。
黒字よりも、赤字にするほうが難しい。これからも黒字経営は続けていきます。

Q3.座右の銘

「今、実行しない人は、一生実行しない。」


特集「渡邉良文代表」の記事一覧
もっと読む
  • ユニークな事業だからこそ、ここにしかない価値がある/渡邉良文
    2014.10.30

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ