1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 星野進一代表
  4. 専門分野で独自に輝く、建設業特化の再建コンサルタント/星野進一

星野進一代表

専門分野で独自に輝く、建設業特化の再建コンサルタント/星野進一

2014.11.11

株式会社リソア
代表取締役社長 星野進一


【事業内容】
・建設業界 に特化したM&A
・建設業界 に特化した企業再生

【URL】
株式会社リソア
株式会社リソア ホームページ


Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください

私は30代半ばまで 建設業の経営をしていたのですが、その会社が倒産するという体験をしています。当時はまだ子供も幼稚園と小学生でしたので将来が見えなくなった時期がありました。しかし、色々な方に助けられながら 今に至っています。そして2007年11月からリソアの設立準備 を始め、2008年4月から 事業を開始しました。最初は、会社設立準備 と同時にホームページの内容を考えました。全て自分で考え 、文章は上手くなくとも、魂を入れて作りました。今思えば、自分でも良く書いたなぁと思います。当時、ホームページは珍しい時代でしたので、わりと色々な方から話を頂き、案件を頂きました。2014年の12月で7期目を終了しますが、創業以来特に困難だったようなことは無かったです。

Q2.黒字経営の秘訣を教えてください

多くの会社が赤字経営だと聞きますが、実際にそうだと思います。会社を作ることも社長になるのも簡単なことですが、経営者らしく成るのは簡単ではありません。藤沢武夫氏の言葉で「経営者は、三歩先を読み、二歩先を話し、一歩先を照らせ」がありますが、日々情熱と夢と感謝の気持ちを忘れずに、経営戦略を練り続けることが大切と思います。 弊社の場合、建設業界の内部を熟知しておりますので、M&A業務に関しても他社にマネすることが出来ないと自負しています。また、一般のM&A仲介会社さんとは決定的に違うのは、建設業の企業再生の手段としてM&A業務をしている点です。建設業界に 成熟したノウハウ、他のM&A仲介会社さんとは違う理念で 、弊社にしかない価値を提供できるのです。

Q3.座右の銘

「人間万事塞翁が馬」です。
特に、経営者は成功と失敗の繰り返しですが、「一喜一憂」せず、まわりに振りまわされないことの無いようにしたいです。


特集「星野進一代表」の記事一覧
もっと読む
  • 専門分野で独自に輝く、建設業特化の再建コンサルタント/星野進一
    2014.11.11

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ