1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 遠藤一義代表
  4. 見方が変われば、世界も変わる
    /遠藤一義

遠藤一義代表

見方が変われば、世界も変わる
/遠藤一義

2014.11.12

株式会社プレステージ
代表取締役社長 遠藤一義



【事業内容】
・自社オリジナルブランドによる自動車用品・家庭用品・雑貨・通信機器、および化粧品の企画・開発・商品化、ならびに販売業務

【URL】
http://www.web-prestige.com/


Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください

私は困難にぶつかったことはないという風に考えています。
もちろん現象としての「困った事態」に見舞われることはありますが、それらすべてが自分にとってプラスになるように物事に向き合っています。
私がこのような考え方を持つに至ったのには、母の影響がありました。まだ私が小さかった頃「49」という数字を見て「死」や「苦」を連想したところ、母が「幸せがくる」とも読めると私に教えてくれたのです。見方ひとつでそこには全く別の景色があったのです。目から鱗が落ちるとはこのような瞬間を言うのだなと思いました。
それから現在に至るまでの40年程の間、様々な困った事態を「見方を転換する」ことでチャンスに変えてくることが出来ました。

Q2.黒字経営の秘訣を教えてください

私は「決算は一年間の通信簿である」と考えています。 目先の利益や損失に一喜一憂することなく、何が良かったのか、何が至らなかったのかという点についてしっかりと考え、半歩でも一歩でも前に進むことが重要です。
結局のところ、人間は今いる環境の中で努力をするほかないのです。常に努力を続けていく人には自然と運や御縁といったものが巡ってきますし、その結果として黒字経営が存在しているのだと思います。

Q3.座右の銘

「凡眼には見えず、
 心眼を開け。
 好機は常に眼前に在り。」


特集「遠藤一義代表」の記事一覧
もっと読む
  • 見方が変われば、世界も変わる
    /遠藤一義
    2014.11.12

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2014.12.03
日本社宅サービス(マザーズ:8945)の今後の成長の可能性を笹社長にうかがいました。同社はグループ4社の中核をなし、そのサービス内容は実に多岐にわたります。同社の収益源は意外なところにありました。今後も着実な成長が期待される、投資家にとっても魅力的な有望企業です。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ