1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 横田伊佐男代表
  4. 理想と現状ギャップを埋める日本唯一の実戦研修プログラム/横田伊佐男

横田伊佐男代表

理想と現状ギャップを埋める日本唯一の実戦研修プログラム/横田伊佐男

2014.11.12

CRMダイレクト株式会社
代表取締役 横田伊佐男


【事業内容】
ビジネスマン向けマーケティング研修
通信販売などの経営コンサルティング等
【URL】
CRMダイレクト株式会社
http://www.crm-direct.com/


Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください

会社を設立してからしばらくコンサルティングという仕事にジレンマを感じていた時期がありました。我々の労力の割にお客様の満足度のバランスが悪く、やっている意義があるのか疑問を抱いておりました。
そんな時、お客様の真の要求は何かと立ち返って考えてみると、コンサルではなく人材育成だと気付きました。今までのコンサルティング経験をお客様に対しアウトプットすることで、ニーズに合った研修を提供することが出来るようになりました。
それからは、手紙を頂いたり、お褒めの言葉を頂戴したり、満足度が数倍に上がったと感じることが出来ました。その結果として現在では、1年で約200日、2500名の研修を行わせて頂いています。
当時感じていたジレンマは解消することが出来ました。

Q2.黒字経営の秘訣を教えてください

弊社の黒字経営の秘訣は3点あります。

1つ目は、「価値を絶えず見直す」ことです。
対価は、お客様が満足して頂戴するものです。お客様へ価値を提供できているのか、競合他社と比べてどう違うのかを常に意識しております。

2つ目は、「社長として黒字経営への執念」を忘れないことです。
しがみついてでも黒字を続けていく、という気持ちは常に持ち続けています。赤字になっても良いという気持ちを持ってしまうと、歯止めがかかりません。赤字には下限がありませんので一瞬たりとも気を抜かないようにしています。

3つ目は、「優秀な税理士とパートナーを組む」ことです。
税理士の方は、第三者の目線で経営に携わって頂けます。それぞれの会社の雰囲気にあった税理士とパートナーを組むことで、より磨きのかかった経営を行うことが出来ます。弊社では優秀かつ考え方も近い税理士に巡り合えたことも、黒字経営の秘訣だと感じております。

リーマン・ショックの2008年に設立しましたが、7期目を迎える今年まで連続黒字決算です。最終決算では最高益を達成しましたが、更なる成長をしていくべく気を引き締めて経営に向き合っています

Q3.座右の銘

「何も咲かない寒い日は、
 下へ下へと根を伸ばせ。
 やがて大きな花が咲く。」

◆お知り合いのグレート・プレジデント◆

税理士法人イデアコンサルティング  伊東大介代表


特集「横田伊佐男代表」の記事一覧
もっと読む
  • 理想と現状ギャップを埋める日本唯一の実戦研修プログラム/横田伊佐男
    2014.11.12

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ