1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 神野純孝代表
  4. 自分たちの子どもたちのために、より良い日本を残す/神野純孝

神野純孝代表

自分たちの子どもたちのために、より良い日本を残す/神野純孝

2014.11.12

株式会社ジゾン
代表取締役兼CEO 神野純孝


神野純孝代表

【事業内容】
•Heart Core(最先端・最強のCMS コンテンツ管理システム)の開発、販売

【URL】
株式会社ジゾン
http://www.xyxon.co.jp


Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください

ジゾンを創業し、もちろん売上が0からのスタートだったのですが、弊社のHeart Coreという商品がお客様に受け入れられるまで1年ほどかかりました。
中小企業に導入するのは、足で稼げる場合が多いのですが、大企業に導入する為には「事例」が必要です。どこの大企業でも「事例がなければ買いません」という対応でした。

そんな中、前職からお付き合いがあったパートナー様のご紹介で、ある大企業に提案をさせていただく機会を設けていただきました。その結果、その場で購入していただくことが決まり、大きな「事例」ができたのです。これがきっかけで会社が大発展を遂げることが出来ました。
他にも前職からお付き合いがあった会社さんから「神野が扱っている商品なら信頼できるから導入しましょう」と言って導入していただいたこともありました。
このように私は人の繋がりで困難を乗り越えることができました。

Q2.黒字経営の秘訣を教えてください

売上の予測を正確に立てることが黒字経営の秘訣です。「営業は科学」だと考えています。どんな商品の販売でも、来月の予測、1年先の予測、2年先の予測というものを正確に立てられます。弊社は売上の分析をして予測をたて、実績はその通りの成長をすることができています。

また、私は「赤字経営は悪」だと思っています。なぜなら、黒字企業を経営して日本経済を活性化し、日本という国を良くする為にも税金は多く払うほうがいいと考えるからです。
黒字を出し、できるだけ多くの税金を払うことで、自分たちの子どもたちのために、より良い日本を残すことが可能です。節税も、個人的な満足だと考えているので、私は会社単位でも個人でも節税対策は一切していません。

Q3.座右の銘

「人間万事塞翁が馬」

株式会社ウィルフォワード 成瀬拓也代表からのご紹介


特集「神野純孝代表」の記事一覧
もっと読む
  • 自分たちの子どもたちのために、より良い日本を残す/神野純孝
    2014.11.12

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2013.05.31
米ヘッジファンドのサードポイントが、ソニーにエンターテインメント部門の分離と上場という大胆な提案をしたことが話題となっている。私はこの動きは、今後、日本企業が物言う株主と対話していく上で試金石となる重大な事例だと考えている。さらに、日本の企業や産業、社会の構造改革を進めるための第一歩になるかもしれない。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ