1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. マスコミの見方
  3. 日本経済新聞
  4. 公的年金マネー「脱国債」 株・海外比率上げへ、民主党動く

日本経済新聞

公的年金マネー「脱国債」 株・海外比率上げへ、民主党動く

2012.06.29
世界最大の機関投資家、年金積立金管理運用独立行政法人が、国債中心の運用を見直し、株や海外での運用比率を増やすことになりそうだ。成長戦略「日本再生戦略」の重要な一部でもある。 運用の多様化で運用成績が上がれば年金問題の解決にもなり、海外資源の権益獲得などにも活用できれば、一石二鳥だ。

ソース:日本経済新聞(2012年6月29日号)

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!

あわせて読みたい

2014.12.03
日本社宅サービス(マザーズ:8945)の今後の成長の可能性を笹社長にうかがいました。同社はグループ4社の中核をなし、そのサービス内容は実に多岐にわたります。同社の収益源は意外なところにありました。今後も着実な成長が期待される、投資家にとっても魅力的な有望企業です。 …続きを読む

海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ