1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 金森秀晃代表
  4. 確かなブランディングで医療業界の品質向上を目指す /金森秀晃

金森秀晃代表

確かなブランディングで医療業界の品質向上を目指す /金森秀晃

2014.11.18

株式会社ZAC
代表取締役 金森秀晃


【事業内容】
•スクール事業部
•日本メンタルデザイン学院・日本キャリアデザイン能力認定協会・銀座ロイヤルスクール・ハンドリフレクソロジー専門学院の運営
•リラクゼーション事業部
【URL】
株式会社ZAC
http://f-zac.com/index.html


Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください

証券会社に勤めていた時の事です。母親が末期のガンになってしまいまして、その際お医者様の対応に違和感を抱いたのが起業のきっかけです。医療をサービス業として観た時に、まだまだ改善できることはあると思いました。
しかし、医療機関は一般企業とは異なり、経営側の目的と現場スタッフの想いが乖離しやすい傾向にあります。例えば、医療機関で今月数字厳しいからベッド回転率を上げろというは、現場で働く方々にとって受け入れがたいものでしょう。従って、経営側と現場の方のベクトルを合わせることが我々の役割ではないかと考えるに至りました。初めはなかなか理解されないこともありましたが、圧倒的な満足度と、離職率が下がったことによる莫大な採用費の削減などの結果から、導入頂いた法人様の実に92%がリピーターとなっています。

Q2.黒字経営の秘訣を教えてください

無理に自分のマーケットを拡大するのではなく、マーケティングとブランディングを重ねていくことが重要だと思います。今の時代はとても便利です。タクシーはいつでも呼べますし、高級ホテルでさえいつでも予約ができる。そのような時代の中で、自分だけのブランドを確立することは必要不可欠なものであると思います。確かなブランドを持ち、本当に必要とされる価値を提供し続ける事で、価値の奔流の中でも生き続けることが出来るのだと思います。
また、顧客満足度を高めることも重視しています。ただその場で契約できれば良いという考えはせず、顧客満足度を高める為のケアを継続的に実行しています。

Q3.座右の銘

「不易流行」
世の中は変わっていくものですが、その中にいてもいつまでも変わらない本質的なものは見失わず、変化を取りいれていく姿勢が大切だと感じています。


特集「金森秀晃代表」の記事一覧
もっと読む
  • 確かなブランディングで医療業界の品質向上を目指す /金森秀晃
    2014.11.18

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ