1. ヘッジファンドや海外投資の情報なら海外投資新聞 HOME
  2. グレート・プレジデント
  3. 藤田孝行代表
  4. 本質を見極める目利き/藤田孝行

藤田孝行代表

本質を見極める目利き/藤田孝行

2014.12.03

株式会社グッド・アイズ建築検査機構
代表取締役社長 藤田孝行


【事業内容】
確認検査業務(1都14県)
構造計算適合性判定業務(1都11県)
住宅性能評価業務(日本全域)
住宅金融支援機構 / フラット35・適合証明業務(日本全域)
住宅瑕疵担保責任保険取扱・検査業務(日本全域) 等

【URL】
株式会社グッド・アイズ建築検査機構
http://www.good-eyes.co.jp/


Q1.過去に困難を乗り越えた体験を教えてください

2007年に建築基準法の改正があり、資本金を5,000万円にする際に困難に直面しました。
資本金の額によって手掛けられない業務があったのです。元々、国土交通省の指定の認可業務でしたのである程度の規模の企業であることが求められたことが原因でした。資本金を800万円から3,000万円にすることにも難儀をしたのに、5,000万円以上にしなければいけないことは先の見えない道のりでした。
「起業をしても自宅だけは絶対に売らない」と妻との約束をしていたにも関わらず、最終的に住んでいたマンションを売却し、自己資本から資本金を増額しました。
結果、その業務を手掛けられる企業欄には、大手の企業の中、小さな当社が名を並べることができ、信頼を勝ち取ることが出来ました。今では資本金を1億円にすることが出来ておりますので、大きな決心でしたが良い選択を出来たと自負しております。

Q2.黒字経営の秘訣を教えてください

大きく2つあります。黒字にしようという気持ちをしっかりと持つこと、人材しっかり育つような仕組みを作ることです。

企業として売上を出して、利益があるのは当然のことです。黒字にして次の手を打たなければいけないのですが、赤字では次の手を打つことが出来なくなることを認識しなければいけません。かの有名な松下幸之助のダム経営の考え方に基づいております。
また、商品の差別化が出来ない業界ですので、仕事の効率を上げることが大切になってきます。その為、人材育成に力を入れ、能力の上がるような仕組みづくりを心掛けております。経験や勉強といった基本を大切にしていきながら、仕事の早さ、質を上げることで他社との差別化を図ることが黒字経営の秘訣です。

Q3.座右の銘

「己を知る 無知を知る
 恥を知る 足るを知る」

◆お知り合いのグレート・プレジデント◆

株式会社ネットパートナーズ 成田泰代表


特集「藤田孝行代表」の記事一覧
もっと読む
  • 本質を見極める目利き/藤田孝行
    2014.12.03

日本国内では入手困難の高利回り実績のある一流海外ヘッジファンドへの投資機会を手に入れるノウハウを限定公開!


海外投資新聞に関するみなさんの声
関連する海外投資新聞の記事
ページトップへ