トップ >  メイク・マネー >  IT企業より老舗企業、米IPO株

IT企業より老舗企業、米IPO株

 昨年2011年の米国株式市場は不穏な経済の中にあっても、NYダウは結果的には上昇して終わった。しかし、大きな期待が寄せられていたリンクトイン、ジンガなどの大物SNSを要した新規株式上場(IPO)は結果的に散々だった。最も成功したIPOは、実はITとは無縁な地味な健康食品会社だった。

5月のリンクトイン上場にITバブル再来の夢


リンクトイン、リード・ホフマン
リンクトイン創業者リード・ホフマン氏
 5月16日。まずは先陣を切って、SNSのリンクトインが新規上場を果たした。83.00ドルの上場初値。公開価格は45ドルで、その日の最高値は121.97ドルとなっていた。これは第二のITバブルを予見させるものだった。

 そして、終値ベースでは7月11日の終値109.97円をつけるが、これが天井となる。年末12月30日の終値は63.01ドルとなった。その後のIT系企業各社のパフォーマンスは散々で言うまでもない。ヤンデックス、パンドラメディアなども上場したての頃は好調だったが、目に見えて株価は下げていった。

 市場全体がスランプになっていたということもあるが、その頃も株価を上げていたのは、個人投資家やメディアがあまり注目していない、米GNCだった。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする