トップ >  YUCASEE コラムニスト >  世界遺産を巡るお薦めコースと旅の情報 >  写真で届ける世界遺産(ドイツその5、ベルリンの威容を示す複合博物館施設の博物館島

写真で届ける世界遺産(ドイツその5、ベルリンの威容を示す複合博物館施設の博物館島)

MR.世界遺産
MR.世界遺産
世界遺産巡りを趣味とするIT企業の会長です。出張や観光で海外の遺跡を数多く見てきましたが、中世ヨーロッパの石の建造物に魂を揺さぶられるような感動を受けることがあり、今は世界遺産を中心に旅をしています。既に世界遺産936件中、154件を訪問しましたが、うち126件がヨーロッパです。今後も旅を続け、世界遺産の魅力をお伝えできればと思います。

 19世紀になってプロイセン王がベルリンの湿地帯の整備を計画し、既にあった大聖堂の改築と、博物館の建設を建築家のカール・フリードリヒ・シンケルに命じ、1830年に旧博物館が開館しました。

 その威容を見た王が、この一帯を「芸術と古代学に捧げる地区」と定め、複数の博物館を建設することとしました。その後の1世紀の間に5館からなる複合博物館施設がこの中州に誕生し、世界遺産として指定されることになりました。

 博物館島へはウンター・デン・リンデン通りか、フリードリヒ通りにホテルをとると近くて便利です。

 まず博物館島の案内ですが、手前の2棟がベルガモン博物館、Sバーンの高架の向こう側がボーデ博物館です。


 旧ナショナルギャラリーです。


 次に新博物館、入口はこの裏側です。この日は曇り空で、時々小雨が降るあいにくの天気でした。


 18本の柱が整然と立ち並ぶのが、博物館島で最初に建てられた旧博物館です。


 そしてベルリン大聖堂、高さ114メートルの大天蓋に上りたかったのですが、礼拝か催事が行われていたようで、入場もできませんでした。


 実際に入場したのはベルガモン博物館と新博物館ですが、ベルガモン博物館は工事中で、今の入口はここです。


 12ユーロを払い、入口をはいってすぐにあるのが、このゼウスの大祭壇。トルコで発掘されたこの祭壇は紀元前180年から160年にかけて建造され、発掘後ドイツに運ばれ、大戦後は一時レニングラードに運ばれましたが、現在はこのベルガモン博物館にて公開されています。
まず祭壇の巨大さに驚きますが、この祭壇がトルコ、ドイツ、ソ連、ドイツと運ばれた歴史にも感動します。


 その横にあるのがミレトスの市場門、スケールが大きいので、ただただため息をついて見つめるばかりです。


 次に、青色のレンガを用いた古代バビロニアのイシュタール門。


 そこから続くのが行列通りで、イシュタール門とともに紀元前560年頃の遺跡が、そっくりそのまま展示されています。


 博物館島で、どこか1カ所しか見学できない時は、迷わずベルガモン博物館へ行くことをお薦めします。

 次に入った新博物館は戦争で破壊されてましたが、2009年に再建されました。古代エジプトのコレクションがメインで、このような彫刻が数多く展示されてました。


 お目当ての古代エジプトの美女「王妃ネフェルティティの胸像」だけは、撮影がNGで、数名のガードマンが写真を撮られぬように警備していました。

 この地区は第2次世界大戦で甚大な被害を受けたので、再建中や改装中が多いのですが、プロイセン王が意図した「芸術と古代学に捧げる地区」の構想は2度の世界大戦をはさみ、現在も進行中、そして最終段階のように見えました。

 ちなみに博物館島は1999年に世界遺産に指定されました。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする