トップ >  メイク・マネー >  九電会長、社長がなぜいまさら辞任か

九電会長、社長がなぜいまさら辞任か

 やらせメール問題を起こしていた九州電力の会長、社長の2トップがついに辞任することが12日の取締役会で承認されることになった。いくら何でも遅すぎたというのが世間の反応だが、実は電力業界内部の常識は違うのだ。その理由には、東京電力を取り巻く状況があるのだという。

銀座も中州も…

 日本で東京電力社員の名刺が最もある場所は取引先などを除いては、東京・銀座だろう。その東京銀座でちょっとした異変が起きているのだ。銀座のある中堅ホステスは「今年は東電の人には年賀状を書いていないから楽だった」と話す。

 中堅クラスのホステスでも、交換して持っている東電社員の名刺は枚数にして50枚ほど、それこそベテランにもなると優に3ケタになるという。年賀状書きは面倒だが、今でも銀座では基本なのだ。その手間が省けるのだが、大助かりというわけだ。

 そうしたエピソードのような寒い光景は、九州電力のお膝元である福岡・中州も似たようなものではないだろうか。


九電
九電公式HP
 九州電力は12日の取締役会で、松尾新吾会長、真部利応社長がそれぞれ現在の役職を退くことが確実になった。それも、6月の任期満了を待たずに、年度末の3月で途中退任となりそうなのだ。

 10月には報道陣に対して、逆切れ気味に強硬に辞任を否定していた松尾会長だが、その強気はどこへ行ってしまったのか。

 その外部要因の一つとして、東京電力の出方にあったようだ。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする