トップ >  メイク・マネー >  米フォーブス誌発表の日本の億万長者ランキング

米フォーブス誌発表の日本の億万長者ランキング

トップは森トラスト社長の森章一族7500億円

 全体としては昨年と大きな変動はないものの、トップは森トラスト社長の森章一族(7500億円、表参照)が、前年の2位から2年ぶりに首位を奪い返した。前年の資産額6840億円から660億円の増加となった。
 
 昨年は1位だった孫正義氏(ソフトバンク社長)は前年の6960億円から5100億円まで資産を減らし4位に転落した。これを尻目に任天堂の山内溥相談役が前年6位から2位に躍進した。資産総額も4680億円から6400億円になり約30%の増加。保有する任天堂株式の株価が上昇したことが、結果に大きく反映した形だ。

億万長者ランキング


2位山内氏と4位孫氏は株価が明暗



 山内氏、孫氏ともに自社株が資産の大半を占めている。ともに筆頭株主で、山内氏は発行済み株式の10%(約1400万株)を、孫氏は31.4%(約3億3000万株)を保有。両者ともに、株価によって総資産額は大きな影響を受けることになる。
 
 任天堂は1年間で約3万(昨年2月)から約5万円(今年2月)に上昇。時価総額ベースで約5兆円から約8兆円となる。やはりゲーム機「Wii」が世界中で大ヒットしたことが、株価上昇を後押ししたようだ。ソフトバンクは約2500円(昨年2月)から約2000円(今年2月)と下落し、時価総額ベースでも約2兆5000億円から約2兆円となっている。
 
 他に主だったところでは、13位に三木正浩氏(ABCマート創業者)が初登場。その一方で昨年5位だった武井博子一族(武富士創業者遺族)や、17位の里美治氏(セガサミーホールディングス会長兼社長)はランク外に姿を消している。

日本はアジア4位に転落



 日本の上位陣は大きな変化はないが、世界は大きく変わっている。資産総額10億ドル(1000億円)以上のビリオネアの数は、昨年の946人から1125人に。また資産総額も440兆円から530兆円に増えた。
 
 またアジアの順位にも大きな動きが現れている。ビリオネアの数はインド53人、中国42人、香港26人で、24人の日本は4位。一昨年までは20年連続でアジアトップの地位は守り続けてきただけに、後退傾向は明らか。日本の経済的な地位が揺らいでいる、ということか。
 
 そんな状況を打破するのは、純金融資産1億円以上のゆかし会員か? 将来的には「億万長者ランキング」に入る可能性も十分考えられる。1位の森章氏(69歳)、2位の山内溥氏(80歳)とも、度重なる苦境を乗り越えて事業を育て上げてきた。ゆかし会員も、今の調子で本業、そして投資にと精進を続けていけば、何年か後には、日本はおろか世界でもその名前が轟くことも決して夢ではないはず。日本の経済のためにも、会員様のご健闘を心より願っております。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする