トップ >  メイク・マネー >  西麻布年収1億円社長宅の「家政婦のミタ」さん

西麻布年収1億円社長宅の「家政婦のミタ」さん


この記事はメルマガ登録をすると続きをお読みいただけます。

一度ご登録いただきますと、すべての記事をお読みいただけます。

メールアドレス

プライバシーマーク (プライバシーステートメント) に同意の上、メルマガ登録にお進みください。

【ご注意】
クッキーを削除されますと、再度メールアドレスの入力が必要となります。
何度も入力を促される場合は、クッキーが受け取り拒否になっていないか、
ご利用機器の設定をご確認ください。
 TV史上に残る大ヒットとなった日本テレビ系連続ドラマ「家政婦のミタ」。ドラマの中でスーパー家政婦・ミタさんの活躍が描かれたが、東京の高級住宅街にも多くの家政婦がいる。では、東京・西麻布で実際に働いているミタさんはどんな人なのか。300平方メートルの高級億ションの某会社社長宅の場合をのぞいてみた。

「承知しました」とは言わない

 東京・西麻布の慣性な高級住宅街にあるマンション。面積にして300平方メートル以上もあり、外資系企業の社長家族が住んでいる。社長とは外国人で、部屋は会社の借り上げでもある。おそらく、年収は1億円を超えるだろう。


家政婦のミタ
「家政婦のミタ」(DVD-BOXより)
 ただし、この家に務めるミタさんは「承知しました」「もうしわけありません」などとは絶対に言わない。TVドラマの中のミタさんのように、日本語を話すことはないのだ。

 それもそのはず。というのも、家政婦はフィリピン人だからだ。会社間同士の契約で、“西麻布版ミタさん”は家政婦の派遣会社から派遣されており、そして、社長ファミリーとともに暮らしている。

 日本に赴任する外資系エグゼクティブ家庭では、これが標準的なのだとか。もう少し、詳しく見ていこう。

◎現役の金融コンサルタントがお届けする投資情報サイト、オープン!

マンション経営や不動産投資に関する情報をわかりやすく解説!
Money Concierge Japan 不動産投資メディアはこちら >>

富裕層のあなたへ ― 最上級を刺激する総合情報サイト YUCASEE MEDIA
 姉妹サイトMoney Concierge Japanの注目記事



愛人遊びと不動産投資を両立する方法

おすすめ:愛人遊びと不動産投資を両立する方法と相続の留意点 「ぜひ、愛人を2、3人住まわせて新しい船場にしてもらいたい」。・・・

「コネ」で掴んだ2兆円とNBAオーナーの座

おすすめ:「コネ」で掴んだ2兆円とNBAオーナーの座 世界最大のIT企業の前トップにして、米プロバスケットボールのLAクリッパーズを史上最高・・・

本田ノートと富裕層のノートは似ている

おすすめ:本田ノートと富裕層のノートは似ている サッカーW杯ブラジル大会の開幕(日本時間13日)直前に控え日本代表の活躍に注目が集まる・・・

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする


YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア)とは