トップ >  メイク・マネー >  美女と野獣と年金

美女と野獣と年金

まだまだ低い日本人の投資意識


まだまだ低い日本人の投資意識
 年率6%の投資をすればコツコツ積立でも5,000万円の資産形成が可能だが、日本人は安全志向が強く、投資に消極的な現実はいまだに変わらないようだ。
 日本FP協会の調査(平成20年)によると、投資したくない理由は1位が「お金がない」、2位が「安全にしたい」、3位が「投資知識がない」となっている。

 さらに年収1,000万円以上の人でも、1位が「安全にしたい」、2位が「投資知識がない」で、仮にお金があっても安全志向が強く、金融リテラシーも低い。同調査によると、今後保有したい資産は1位が国内株式(53%)、2位が外貨MMF(32%)、3位が株式投信(22%)と、投資対象は旧態前のまま。
 今や死に体の日本株や、営業力だけ強い金融機関の、手数料稼ぎの道具に過ぎない投資信託に投資しても資産は増えない。

 そもそもリスクのないところにリターンはない。元本保証で資産が増えるわけがない。ところが、金融広報中央委員会の家計統計(2010年)によると、金融商品を選ぶ基準の1位は「元本保証」で実に98%に達し、83%の人が「元本割れは絶対にいや」と回答している。
以下、2位「引き出しが楽」、3位「金融機関の信頼度」という回答も、金融商品の選別とはかけ離れたところで投資対象を決めている。救いは4位に「利回り」(13%)、5位に「値上がりに期待」(2%)が顔を出す程度。日本人はいまだに投資というものの本質を理解していないようだ。

 しかし、日本人がもっぱら〝リスク嫌い〟だとは思えない。一方でFXがブームになっているのは、日本人が決してリスク嫌いではないことを示している。問題は長期で資産を育てるちゃんとした金融商品と、ちゃんとした金融知識が普及していないことだ。

 正しくリスクをとらなければリターンはない。将来の公的年金はあてにならず、預貯金ではお金が増えない今、日本人はより正しい投資知識を身につけなければならない。それには投資先進国である欧米の投資家に学ぶところが大きい。彼らの肥えた目に適った、海外の投資ファンドなどの金融商品に投資するのも一つの選択肢だろう。

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする