トップ >  クオリティライフ >  中国旧正月(春節)にはブランド品

中国旧正月(春節)にはブランド品


この記事はメルマガ登録をすると続きをお読みいただけます。

一度ご登録いただきますと、すべての記事をお読みいただけます。

メールアドレス

プライバシーマーク (プライバシーステートメント) に同意の上、メルマガ登録にお進みください。

【ご注意】
クッキーを削除されますと、再度メールアドレスの入力が必要となります。
何度も入力を促される場合は、クッキーが受け取り拒否になっていないか、
ご利用機器の設定をご確認ください。

エルメス
 中国人にとって1年間で最も大切な休暇、22~28日の春節(旧正月)休暇が間近に迫っている。クリスマスと並び春節は小売業者にとって、最もかき入れ時だ。特にこの春節に、“重要な人”に贈り物をすることは中国人に取って特別な意味を持つ。例えば、ルイビトンの財布を取引先に送ることは、商談を決めるためのきっかけになるかもしれないのだ。

 中国市場の贅沢品市場は急成長を続けている。現在、日本に次ぐ規模だが、今年の終わりには、世界最大の贅沢品市場になる可能性もある。

 こうした急成長を支えているのが、中国の贈り物文化だ。米コンサルティング会社ベイン・アンド・カンパニーの調査によると中国国内の贅沢品売上げのうち、25%が贈答用なのだという。

 アメリカのPR会社、ルーダー・フィンが昨年、1057人の贅沢品を購入した中国人顧客に対して調査を行った結果、4分の3の顧客が、購入したプレゼントを重要な人に送ると答えた。このうち半数が家族で、3分の1がビジネス仲間だった。人気のあるブランドはルイビトン、カルティエ、エルメスだ。

 中国人富豪の贅沢品に対する熱狂ぶりは、販売者も唖然とするほどだ。海外の多くのブランドは、中国の大都市に路面店を出し、最近では中級都市にも目を向け始めている。

 この背景には、中国人が「メンツ」を気にするという事情がある。つまり、他人にどう見られるのかを重視するのだ。特に、ブランドのロゴが堂々と入った商品は、中国人にとって気が引けるものではなく、成功の証となっている。

 一方、ルーダー・フィン中国法人の寿玉エイ・董事総経理(取締役社長)は「中国の贅沢品顧客が賢くなるにつれて、下品に財産をひけらかす事を避ける人も出てきている」と話す。贈り物ではなく、自分自身をねぎらい、自分らしい品位をあらわすために、良質な商品を購入するのだという。

週1回 ゆかしメディア 最新ニュース&ランキングをお届け!
メルアドのみで無料登録 (いつでも解除自由) >>



相続税対策「タワーマンション節税」は今後も有効か

おすすめ:相続税対策「タワーマンション節税」は今後も有効か 2015年からの相続税率が変わる。その対策の一つとして、いま脚光を浴びているのがタワー・・・

「ただの一発屋の成金」なのか、年収3000万円

おすすめ:「ただの一発屋の成金」なのか 30代で年収3000万円を実現する(12) 「収入を維持するために心がけていること」  これまで私は30代で年収3000万・・・

ネオヒルズ族の過激接待「女体盛り」

おすすめ:ネオヒルズ族の過激接待「女体盛り」から女性の好みまで 六本木の高級キャバクラで夜な夜な豪遊をしているイメージのあるネオヒルズ族。「秒速で1億・・・

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする


YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア)とは