トップ >  メイク・マネー >  大阪市が今度は職員の内部メールをチェックへ

大阪市が今度は職員の内部メールをチェックへ

 大阪市が、全職員を対象に実施した政治・組合活動に関するアンケートについて、「不当労働行為に当たる」可能性があることから集計の一時凍結を発表した一方で、職員の業務電子メールを検査する準備していることが、20日わかった。職場メールを11月の市長選に使った職員を洗い出すのがねらいとみられる。一般に、雇用主には業務メールを見る権利があるとされるが、通告せずに抜き打ちで行うことになれば、波紋を呼びそうだ。

狙いは選挙に関する文言か


橋下徹市長
橋下徹市長(大阪維新の会公式サイトより)
 システムを担当する部門に対して、「サーバーに残っている全職員のメールを出してほしい」と要望があったもようだ。幹部クラスのメールは情報公開請求の対象になるため保存されているが、公開対象にならない一般職員の場合、サーバーに残っているのは1人数十メガまでで、この全メールを求めたとみられる。

 大阪市の場合、外部とのメール送受信は監視されてきたが、内部間メールの中身までチェックすると膨大な人手と時間がかかるため、未検査という。今回の提出指示は、この職場内メールがターゲットの可能性が高い。

 ただ、対象となる市職員は約3万4000人にもなり、サーバーに残っている全職員のメールを、発信者、受信者、所属名などを明確にして提出するには100日以上かかる。ある一定の文言で抽出し、選挙活動につかった職員を割り出すのではないかとみられる。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする